メイクアップ

チークの基本的な入れ方!大人ナチュラルでエラや面長もカバー!

投稿日:

チークは入れ方や色でかなり雰囲気が変わります。

なんとなくある色を塗って、適当な位置に塗っている人も多いと思いますが、肌の色顔の形に合わせてチークを入れると小顔効果血色良く見えるようになります。

今回は顔の形や肌の色にあったチークの入れ方をお教えします。

チークの入れ方

1.チークの入れ方

基本のチークの入れ方としては目の黒目から少し外側から下の位置あたりから頬骨のある高さで塗っていきます。

顔の形別に、チークを入れるベストな位置が違うので解説していきます。

 

①面長の場合

面長の人は顔が長く見えないよう、頬骨より下の部分に横に広くチークを入れます。

面長の人がチークの位置を高くするとより面長に見えてしまうからです。

 

②丸顔の場合

丸顔の場合はシャープに見せるためにも、頬骨の少し上の位置からこめかみに向かって斜めにチークを入れます。

そうすることでシャープかつスッキリした顔を演出出来ます。

 

③エラが張っている場合

エラが張っていると角ばったような男性的な印象になりがちです。

頬の中心からこめかみに向かって楕円形にチークを入れていきます。

そうすればエラが強調されることもなく、優しい印象の顔つきになります。

 

④逆三角の顔の形の場合

シャープでスッキリした印象になりがちなので、チークは頬の内側からエラ部分に向かって丸くふんわりと入れるようにしましょう。

そうすれば柔らかい女性らしい印象を演出出来ます。

 

2.肌に合った色のチーク選び

肌に合った色のチークを選べば、全体のバランスが取れて自然に顔が明るく見えるようになります。

肌の色はイエローベースとブルーベースの肌の色に分かれると言われていますが、日本人はイエローベースの肌が多いと言われています。

①ピンク系チーク

肌に馴染みやすい色のピンクは、柔らかく優しい印象を与えます。

色白の人や、少し青白い印象の肌の人には相性の良い色です。

主にブルーベースの肌の色の人に良く合い、より一層肌の白さを引き立たせてくれます。

 

②オレンジ系チーク

オレンジ系チークは日本人に多いイエローベースの肌の人に良く合うと言われています。

色黒の人や日焼けした肌にもよく合います。

明るく活発な印象を与えることが出来る色です。

 

③コーラル系チーク

オレンジとピンクの中間であるコーラルは、ピンクが苦手な人にでも合わせやすい色となります。

イエローベースやブルーベースどちらの肌の色にも相性良く、健康的な雰囲気の肌を作ってくれます。

 

3.チークの種類

チークには

  • パウダータイプ
  • リッキドタイプ
  • クリームタイプ

の3種類があります。

一番誰にでも使いやすいのがパウダータイプで、ブラシを使用してふんわりと馴染ませることが出来ます。

リッキドタイプとクリームタイプは肌の内側から発色しているような印象を与えてくれます。

とんとんと指で馴染ませた後にパウダーやお粉で整えれば自然な仕上がりとなります。

チークだけでは物足りない時はハイライトをチークに混ぜると自然なツヤを出すことが出来るのでお勧めです。

 

4.まとめ

チークの色や入れ方だけでもかなり顔の印象が変わってきます。

自分の肌の色や顔の形を知って、自分に合ったチークの入れ方や色をマスターすればよりメイクを綺麗に仕上げることが出来るでしょう。

チークの色や入れ方

-メイクアップ

Copyright© 美白化粧品 ランキング決定版!人気美白化粧品の効果をスゴイ比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.