メイクアップ

ティントリップとは?人気の秘密と正しい塗り方を徹底解析!

投稿日:8月 30, 2017 更新日:

何年か前まではリップといえば口紅やグロスでしたが、ここ数年で定着化しているのがティントリップです。

韓国発祥の化粧品ですが、今では日本の化粧品メーカーからも発売されているほどの人気です。

今回はこのティントリップを徹底解析し、使い方が分からないという人のために正しい塗り方まで紹介していきます。

ティントリップ

1.ティントリップとは

ティントとは英語で「tint」、つまり染めるという意味になります。

その語源の通りでただ色のついたリップを唇に置く口紅とは違い、唇を直接染めるのでティントと呼ばれるようになりました。

そのため口紅と違って食事後や長時間経っても、色が落ちることもなく鮮やかな色をキープすることが出来ます。

 

2.ティントリップの特徴

ティントリップの特徴

ティントリップの特徴としてはその発色の良さ色持ちの良さです。

特に韓国のティントリップは発色が良く明るい色が多くなっています。

また同じ色でも体温によって色が少し変わるので、人によって色が変わって見えることも魅力の一つです。

一方でティントリップは乾燥しやすいので、しっかりと保湿する必要性があります。

また色を染めるので唇に色素沈着を起こしてしまう可能性があります。

そのため毎日の使用は避けて、口紅と交代で使用するようにしましょう。

 

3.正しいティントリップの塗り方

正しいティントリップの塗り方

ティントリップを購入してみたけれど綺麗な塗り方が分からない、塗ったら色が濃くて難しいという人のために綺麗にみえるティントリップの塗り方をご紹介します。

3.1 グラデーション塗り

ティントリップの定番といえるグラデーションに塗る方法は唇の内側から徐々に外側に色を薄くグラデーションしていく塗り方です。

まずはティントリップの色を目立たせたい場合はファンデーションやコンシーラーで唇の色を消します

乾燥を防ぐために薬用リップで保湿しておくことも大切です。

 

ティントリップをグラデーションに塗る場合

1.まず唇の上下の真ん中部分に少量のティントリップをのせます

2.それを徐々に外側にぼかしていきます

  ここで指を使ってぼかしても構いませんが、指にティントリップが付くと洗っても落ちにくいので筆を使うことをお勧めします。

3.物足りなければ内側にまたティントリップを足して更にぼかしていきます

 

これだけで綺麗なグラデーションを作ることが出来るのです。

最後にグロスで潤いを足しても綺麗ですし、応用として薄い色の口紅を全体に塗った後にティントリップをグラデーションしても違った魅力を楽しめます。

 

3.2 べた塗りする場合

ティントリップを1色でべた塗りする場合は、そのままティントリップを塗ると濃く色付いてしまうので、筆に少量のティントリップを乗せてから伸ばすようにしましょう。

マットに仕上げたい場合はティントリップのみで仕上げると良いですし、ツヤを出したい場合はグロスで仕上げてみてください。

 

4.まとめ

ティントリップの使用法

話題のティントリップですが実は詳しくは知らなかったという人や、塗り方が分からなかったという人の参考になれば幸いです。

使いこなせるようになれば、長時間長持ちするので化粧直しの必要もなく非常に便利です。

また飲み会や食事に行くときは是非ティントリップを使ってみてください。

ずっと綺麗な色をキープ出来て、化粧落ちを感じさせません。

またティントリップを頬に伸ばしてチークのようにしたり、アイメイクをしたりと多様に活用できるので是非自分なりのティントリップの使用法も見つけてみてください。

-メイクアップ

Copyright© 美白化粧品 ランキング決定版!人気美白化粧品の効果をスゴイ比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.