メイクアップ 皮脂

皮脂にも汗にも負けない!崩れにくいファンデーションの塗り方

投稿日:

夏は外気で、冬は暖房の効き過ぎた車内や店舗など一年中、汗や皮脂による化粧崩れの危険にさらされています。

ふと鏡を覘いたときに、自分の顔を見てびっくりしたことはありませんか?

朝のメイクをしっかりしていても、お昼過ぎにはもう皮脂や汗でメイクがドロドロに…という方もいらっしゃるでしょう。

メイク崩れの原因は、汗によるものや、皮脂の過剰な分泌によるものなど多岐に渡りますが、スキンケアを見直してお肌の土台を整えたり、下地やファンデーションの塗り方に気を付けることで改善が期待できるのです!

今回は、日々のスキンケアで見直すべき点や、ベースメイクの正しい順番や塗り方をなどご紹介いたします。

崩れにくいファンデーションの塗り方

1.スキンケアを見直す

ベースメイクをするにあたって、まず気を付けたいのが土台となるお肌。

メイク崩れは皮脂とメイクがまざり、よれてしまうということがほとんどですが、その原因は油分と水分のバランスがうまくいかず、過剰に皮脂が分泌されてしまう…というケースも少なくありません。

水分できちんと潤して、その後はしっかりと乳液やクリームで潤いを閉じ込めることを意識しましょう。

また、どうしても夏場は毛穴が開きがち

メイク前に冷たいタオルで顔を覆って、毛穴を引き締めるということも効果的です。

スキンケア前に行ってしまうと、表皮が冷えて保湿効果が半減してしまうので注意しましょう。

 

2.化粧下地で自肌を整える

化粧下地で自肌を整える

化粧下地には、肌の表面やムラをなくしてなめらかにする効果があります。

肌とファンデーションの間に挟むことで、ヨレを防ぎ、皮脂とファンデーションを混ざりづらくなるのでメイク崩れを防ぎます。

商品特性により、部位ごとに使い分けをするのもおすすめ。

皮脂の分泌が多いTゾーンと顎には、毛穴レス効果が高いものを使えば、余分な皮脂を吸着する力が強いので、より皮脂とファンデーションが混ざりにくく、崩れを防ぐ効果が期待出来ます。

ただし、皮脂の分泌が少ない頬や目元には使用しないようにしましょう。

乾燥をまねき、足りない水分を補うために過剰に皮脂が分泌されてしまう恐れがあります。

化粧下地を塗ったら、顔全体を軽くティッシュで押さえ、余分な油分を取り除きます。

また、化粧下地を塗る時は、スキンケア直後ではなく1~2分お肌を休めるようにしましょう。

乳液やクリームなどが残った状態で行うと、油分と化粧下地が混ざり合い、よれてしまいます。

 

3.【種類別】ファンデーションの塗り方

ファンデーションの塗り方

① パウダリータイプ

肌に密着した状態で塗りこむようにスポンジを使い、肌に密着させながら塗りましょう。

顔の内側から外側に向かってスポンジを滑らせます。

毛穴が目立ちやすい鼻周りは、スポンジに残ったファンデーションをポンポンとたたくようにのせていきます。

塗りすぎてしまうと皮脂や汗が混じって毛穴落ちをしたときに、より毛穴にファンデーションが入り込んで汚くなってしまいます。

その後のメイク直しの際にも手間がかかってしまうので、崩れやすい鼻回りには極力薄くつけましょう。

また、化粧下地は液状のものがほとんどなので、パウダーファンデーションを塗るときは、下地をしっかりティッシュオフして、出来る限り肌に油分・水分を残さないように気を付けましょう。

粉状であるパウダリーファンデーションを付けることにより、ムラが出来やすくなってしまいます。

 

② リキッドタイプ・クリームタイプ

体温で肌への密着感を高めるために、手で塗るのがおすすめです。

リキッドファンデーションを手に取り、額・鼻・頬・顎にのせて、外側に向かってのばします。

こすらせるのではなく、指の腹で軽くたたくようにつけていくのがコツです。

パウダリータイプと同じく、特に崩れやすい鼻はごく少量にしましょう。

鼻にのせる分量の目安としては、米1粒程度。足りなければ、顔全体にのばした後、手に残ったファンデーションを重ね付けしましょう。

最後に、リキッドファンデーション用のスポンジで磨くように肌に滑らせると、余分についたりムラについたりした部分も綺麗に整います。

また、密着度がより一層高まるので、メイク崩れの防止にもつながりますよ。

 

③ 番外編 : エマルジョンタイプ

パウダリータイプのようにスポンジで塗れる手軽さがありつつも、リキッドタイプのように密着度が高いという、いいとこどりなエマルジョンタイプ。

付け方は、パウダリータイプと同様に、スポンジを使い、内側から外側に向かって滑らせます。

パウダリー・リキッドと同じく、鼻周りにはごく少量を塗るということを忘れずに。

気を付けたいのは、スポンジに取る分量。

エマルジョンタイプは、こってりしたテクスチャーで、且つ、のびが非常にいいものが多いです。

誤って取りすぎてしまうと、厚塗りになってしまうので注意しましょう。

 

4.フェイスパウダーで仕上げる

フェイスパウダーで仕上げる

ファンデーションを付けた肌を落ち着かせてなめらかに整えることはもちろんですが、仕上げにフェイスパウダーをつけることで汗や汗を吸収する効果があるので、メイク崩れをおさえる効果があります。

パウダリータイプを使用した際も、可能であれば付けた方がいいでしょう。

パフにパウダーを取り、スポンジを揉みこんで十分にパフに含ませてからのせていきます。

滑らせるのではなく、ポンポンと優しくおさえるようにのせましょう。

その後のアイブロウやアイシャドウのノリも格段に変わるので、目元にもしっかりのせていきます。

テカりやすい鼻周りは、パフを折り曲げてしっかり小鼻に密着させます。

 

5.まとめ

スキンケアによるお肌の土台づくりから、仕上げのフェイスパウダーまでをご紹介いたしました。

過剰な皮脂の分泌にお悩みの方は、まずスキンケアを見直して、きちんと水分油分を与えてあげることでかなり改善することも期待出来ます。

併せて、下地・ファンデーション・フェイスパウダーでそれぞれ層を作ることで皮脂と混ざらないようにすれば、より朝メイクしたてのお肌が長持ちしますよ!

また、季節によって下地やファンデーションを使い分けることも化粧崩れ防止の第一歩です。

湿度が高く、汗をかきやすい春・夏はライトな質感で皮脂を吸着しやすいものを選び、乾燥しやすい秋・冬は、水分不足による皮脂の分泌をおさえるためにリッチな質感のもので乾燥を防ぎましょう。

メイク直しは、忙しい女性にとっては少し煩わしいもの。

朝のスキンケアやベースメイクにひと手間かけて、一日中美しいお肌を保ちましょう!

皮脂にも汗にも負けない!

 

-メイクアップ, 皮脂

Copyright© 美白化粧品 ランキング決定版!人気美白化粧品の効果をスゴイ比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.