ローションパックよりも大事?!まずは角質ケアをすることが先決!

投稿日:

乾燥ケアの代名詞ともいえるのが、ローションパックです。

ですがそのローションパック、場合によっては効果が半減してしまいます。

では、ローションパックの効果が十分発揮されるには、どのような事をしたら良いのでしょうか?

1.ローションパックの前にやる重要な事とは?

家事の合間、読書中、お風呂上りののんびりした時間、寝る前の5分間・・・など、ちょっとした隙間時間で手軽に出来るローションパック。

化粧水をコットンに浸してみたり、あるいはあらかじめ美容成分がしみ込んでいるようなシートマスクも人気がありますね。

最近では、化粧水をつける代わりにシートマスクをするなんて人も増えてきているんだとか。

余談ですがシートマスクは売れに売れているようです。

とはいえ、やはりまだまだ“パック”イコールス 「ペシャルケア」 という認識が女性の中には強いですよね。

乾燥対策にばっちりなアイテムとして大活躍だとは思いますが、そんなスペシャルケアのローションパックよりも前に必ずやってほしいマストケアがあるのです。

それが、「角質ケア」 です。

 

2.顔の角質ケアが重要な理由

ローションパックの前に「角質ケア」 をやるその理由ですが、ローションパックやシートマスクは、余分な角質がある状態ではしっかり美容成分が染み渡らない、ということなのです。

そもそも、角質とは一体何なのかはご存知でしょうか?

何となく耳にすることも多いワードですが、意外とその正体はわかっていない方も多いかもしれませんね。

 

○お肌の角質とは?

肌の構造
出典:エスエス製薬 肌の代謝とハイチオール
お肌の角質とは、

・お肌の一番表面にある層が角質層

・お肌のターンオーバーとともに、余分な角質は体外へ排出される

・ターンオーバーのリズムが乱れたりすると、余分な角質もお肌の表面に残り続けてしまう(※このことを角質肥厚という)

・角質肥厚が起こってしまうと、お肌の表面がごわごわしてくる・がさついてくる・キメも粗くなってしまう

上記内容をお読みいただければわかるとおもいますが、角質肥厚が起こってしまうということは、簡単にいえば「お肌の表面が厚くなってしまう」ということです。

ここまでくればもうお分かりですよね。

表面が厚くなってしまえばしまうほどに、お肌の内部に美容成分はしっかり届かなくなってしまいます

いくらシートマスクやローションパックを行ったとしても、その効果は半減してしまうのです。

しかも、角質肥厚が及ぼす影響は、美容成分の浸透力ダウン以外ではありません

 

○角質肥厚が及ぼす悪影響

角質肥厚は基底層に美容成分が届かないので、乾燥やシミへのケアが行き届かないばかりか、健康な肌に様々な影響を及ぼします。

具体的には

・毛穴が広がってしまい、どんどん毛穴の汚れが目立つ肌になってしまう

・角質自体も固くなってしまうため、毛穴をふさいでしまいニキビになってしまう

・セラミド不足が起こってしまい、乾燥肌になってしまう

つまりは、ローションパック、シートマスク云々の前の話になってくるんです。

新たな肌の悩みまで引き起こしてしまうのです。

 

ではシートマスクやローションパックの効果を最大限に引き出すにはどうしたらいいのか?

その答えは簡単。

ここで登場するのが角質ケアです。

 

○角質ケアの頻度とおすすめケア方法

角質ケアにはさまざまな方法がありますが、代表的なものをご紹介します。

・拭き取り化粧水を使う

・スクラブ洗顔を週に1から2回ほど行う

・ホームピーリングを行う

他にもさまざまなケア方法がありますが、自宅で手軽にできる方法を今回はご紹介しました。

販売している化粧品メーカーにもよりますが、たいていの場合は週に1度か2度のケアをお勧めしているようです。

 

3.角質ケアをしっかりしてプルプルお肌へ!

角質ケアの重要性、お分かりいただけたでしょうか?

ローションパックをどんなにこまめにやっていても「効果が得られない!」なんてことの無いようにぜひ、定期的に角質ケアを行ってください。

角質ケアを行うことで、ローションパックやシートマスクの効果をこれまで以上に実感しやすくなりますよ。