美白

一日100円で徹底美白!トマトのリコピンを摂取せよっ☆

投稿日:

トマト

夏が近づくと日に日に紫外線の強まりが気になりますね!

いくら紫外線ケアをして外に出ているといっても、じりじりと照り付ける太陽の光で汗をかいたり、そして汗をぬぐったりでケア成分は取れてしまいます。

 

日に焼けてしまっても、寒くなると自然に元の肌に戻って、でもまた夏が来て・・・の繰り返し。

でも、いつまでも同じ繰り返しではありません。

着実に肌には紫外線によるダメージが蓄積されていて、のちのシミ・しわ・たるみへと繋がっていくのです!

 

ダメージを蓄積させないためにも日々のケアが必要となってきますが、外側からスキンケアしているだけじゃ生ぬるい!

一日たった100円の投資で美白と健康をかなえる方法トマト

トマトのリコピンパワーなのです!!

(100円というのは相場です。もっと安いときもあれば、高いときもあります^^;)


 

1:トマトのリコピンってどうスゴイの?

トマト

さて、テレビや雑誌・美容ネットコラムなどで何度も取り上げられているリコピンですが、どうスゴイのかしっかり把握していますか?

「なんか美容と体にいいらしい」

そんなあいまいな捉え方でも積極的に摂取できていればいいのですが、やっぱりそのすごさをしっかり認識した上で向き合った方が、より積極的にお買い物の際に手が伸びるってもんです。

リコピンの魅力は高い抗酸化作用にあり!

紫外線を浴びると体内では活性酸素が作られて、紫外線に含まれる有害物質から身を守ろうとします。

そこまでは体のためなのですが、たくさんの活性酸素ができてしまうと、今度は逆に体に悪い影響を及ぼします。

そこで、メラニン色素が活性酸素を撃退するべく作らるのですが、このメラニン色素がシミの元になってしまうんですねぇ。

と、いうわけで美白を考える時にどの段階にアプローチするかで求める作用が変わってくるのですが、トマトに多く含まれるリコピン紫外線を浴びても活性酸素を過剰に作らせないことで私たちのお肌を透明感のある美白へと導いてくれるのです。

 

2:リコピンって一日にどれくらい摂取したらいいの?

トマト1個半~2個

リコピンの一日の摂取目安量は明確には定められていません。が、様々な研究によって「これくらい摂ってれば効果が期待できるよ!」という数字があります。

それは、一日に15mg

どれくらいの量かというと、トマト1個半~2個 となります。
(トマトの可食部を500gくらい。との事なので、サイズにより変動します。詳しくは実際に測ってみてください☆)

ただ、毎日トマトを2個食べるってちょっと現実的ではないですよね。

『大きめのトマトを1個食べるのを無理なく続けよう』くらいの気持ちで継続することをおすすめします。

 

トマトジュース

そして、もっと効果的にリコピンを取り入れる方法トマトジュースです!

トマトジュースにはだいたいコップ一杯でこの15mgが取れる商品がたくさんあり、そのどれもがスーパーでも購入でき、800~1000mlの物で200円前後の値段が付いています。

と、いうことはトマトジュースが嫌いでなければ一日50円ほどでリコピンの理想とする摂取量が取れてしまいます
(お好みにもよりますが、トマトジュースを選ぶ際には食塩無添加のものを選ぶとなお健康にいいですよ☆)

 

3:意外な落とし穴!トマトで体が冷える!?冷えを防止する食べ方

トマトは夏が旬の食べ物なので、紫外線が強くなる季節に安く美味しくなります。

それはありがたいのですが、体を冷やす性質があるため注意が必要です。

体を冷やしすぎると体の代謝が悪くなり、美容にも健康にもよくありません。

そこで、体を冷やしすぎないようにするために出来ることをご紹介します。

朝食べる

朝トマト

朝トマトを食べると体がシャキッと目覚めて一日が始めやすくなりますし、体への吸収も良いという研究結果もあります。

 

加熱して食べる

朝トマト

リコピンは加熱しても壊れないので、できれば加熱して食べましょう。

かさも減って量が食べられるしいい事ずくめです。

イングランドの朝食みたいにプチトマトをフライパンの上で動かさず、ちょっと柔らかくなるまで加熱しても美味しいですよ。

 

ピリ辛トマトソースにする

ピリ辛トマトソース

オリーブオイルに小口切りした唐辛子を弱火でいため、角切りしたトマトとちょっと塩を入れて煮詰めるだけ!

本格的にするならみじん切りにしたニンニクや玉ねぎを入れてもいいのですが、極力シンプルにしておくと汎用性がでて便利です。

リコピンは脂溶性なので油を一緒に取る必要がありますし、ソースにしていれば朝の卵料理にかけたり混ぜたり、ブイヨンで伸ばしてスープにしたり・・・と使い道の幅が広がります。

唐辛子のカプサイシンで体を温められますし、見切り品のトマトを買って大量に作りおきしたいですね。

 

4:トマト以外にも!リコピン含有量の多い食品

スイカ

リコピンの代表格はトマトですが、トマトが苦手な方もいらっしゃるでしょう。

そんな方にはほかの食材をおすすめします。

スイカやピンクグレープフルーツ、パプリカにも含まれています。スイカは買ってすぐに一口サイズに切ってタッパーに保存しておくと食べやすいですよ☆

あと、季節が変わりますがにもリコピンは含まれています。

夏が終わってもしばらくはリコピンを美味しく補給できますね

 

5:高い美白美容液もいいけど、トマトの方がコスパ良し☆

コスパ

美白美容液もモチロン大事ですが、外からのアプローチだけではお肌が疲れてしまいます。

内側からの栄養補給もしっかり行いましょう。

リコピンは体の中に貯めておけないので、ちょっとずつでも取り続けることが大事です!

美容液は一か月分で5,000円くらいしますよね?トマトは毎日食べても3,000円!それでいて健康にもいい!おなかも膨れる!^^

コスパ◎な美白習慣、あなたも今日から始めましょう!

-美白

Copyright© 美白化粧品 ランキング決定版!人気美白化粧品の効果をスゴイ比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.