スキンケア 基礎化粧品

オールインワンゲルのメリット・デメリット!40代・50代におすすめのオールインワンゲルと選び方

投稿日:1月 14, 2018 更新日:

今やすっかり定番のスキンケアアイテムとなったオールインワンゲル。

筆者も数年前からオールインワンゲルを使用しています。

時短アイテムとして有名なオールインワンゲルですが、メリットもあればデメリットあります。

これからオールインワンゲルの使用を検討している方は、メリットとデメリットの両方を理解しておくと、より効果的な使い方ができると思います。

今回はオールインワンゲルのメリット、デメリットのほか、数多くある商品の中から自分に合うゲルの選び方、そして筆者愛用のオールインワンゲルをご紹介します。

1.オールインワンゲルとは

オールインワンゲルとは

オールインワンゲルとは、主に化粧水からクリームまで、基礎化粧品のほとんどの機能を持っている化粧品の事です。

一般的なオールインワンゲルは、下記のものが含まれている場合は多いです。

○化粧水
○乳液
○美容液
○クリーム
○化粧下地
○パック
○アイクリーム

基礎化粧品だけではなく化粧下地、パックの機能まで持っているものもありますが、全部まとめて1つのゲルにするメリットとは何なのでしょうか?

 

1.オールインワンゲルのメリット

いくつものスキンケア工程がオールインワンゲル1個で済んでしまうので、忙しい朝や旅先での使用、子育て中の方には重宝します。

いいことづくめな気がしますが実際、どのようなメリットがあるのでしょう?

 

 ○スキンケアのステップが省けて時短&肌にかかる負担が減る

オールインワンゲルを使用するだけで、3つ、4つあるスキンケアのステップが一度で済むため、時間のない朝のスキンケアにかかる時間がグッと短くなります。

さらに、肌に触れるのがオールインワンゲルだけで済むので、肌に与える摩擦が減り、摩擦による肌ダメージを減らすことも可能です。

肌にかかる摩擦ダメージは、肌のバリア機能を低下させる、シミの原因のメラニンを刺激する作用があるため、スキンケア、ベースメイクはできるだけ肌を摩擦しないように行うことが大切です。

 

 ○コスパがいい

一つのアイテムがプチプラの1,000円ほどでも、化粧水からクリームまで基礎化粧品全てを揃えると、5,000円〜7,000円ほどかかりますよね。

オールインワンゲルは、プチプラのものなら1,000円高機能なものでも3,000円ほど。

基礎化粧品にかかる金額を節約できるので、その分他の化粧品にお金を使えます。

 

2.オールインワンゲルのデメリット

オールインワンゲルを使う事によって時短にもなるし節約にもなるのなら、最高じゃないですか!

絶対オールインワンゲルを使うべきですよね。では、なぜ使わない人がいるのでしょうか?

 

 ○単体で使うと保湿力が低いものが多い

オールインワンゲルは、テクスチャーがぷるぷるっとしているため、みずみずしく肌が潤ったような使い心地のものが多いです。

しかし、潤いは一時的に感じるもので、時間が経つと乾燥が気になることがあります。

特に美白ケア用のオールインワンゲルで、美白有効成分が含まれている場合は、ゲルだけでは保湿ケアが不十分になる可能性があります。

美白有効成分は、シミに効果があると国が認めた美容成分ですが、肌を乾燥させる成分もあるからです。

スキンケアでまず大切なのは、保湿。

ですので乾燥肌の方はオールインワンゲルだけでは保湿感が足りない、と感じる方が多いようです。

オールインワンゲル購入後に乾燥が気になった方は、ゲルの使用前に導入化粧水を使用して、潤いが肌に浸透しやすいようにしましょう。

 

 ○特定の肌ダメージに対する効果は薄い?

オールインワンゲルは、基礎化粧品のほとんどの機能を持っていますが、特定の肌ダメージに対して強い効果を発揮させるものではありません

色々な機能を持っている分、特に効果を発揮させる機能はないのです。

そのため、肌ダメージがひどく進行している場合は、専用のコスメでダメージを改善させた方が良いでしょう。

または、特定のダメージへの効果が期待できるオールインワンゲルの場合は、他の化粧品を合わせて使用して保湿ケアをカバーしましょう。

例えば、美白ケアを中心に行いたい、という場合は美白ケア専用のオールインワンゲルを選ぶと思いますが、美白ケアには効果的でも、保湿力が不十分かもしれません。

美白ケア専用のオールインワンゲルを使う場合は、ゲル単体ではなく、プレ化粧水やクリームを併用するケアが必要だと思います。

 

3.40代・50代 必見!オールインワンゲルの選び方

オールインワンゲルの種類は多種にわたり、プチプラのものから高級なものまで様々。

価格で選ぶのではなく、自分が求める機能、成分が配合されているものを選びましょう。

 

 選び方1:保湿ケア重視なら保湿成分が配合されているかチェックする

保湿力が比較的弱いオールインワンゲルですが、保湿力を高めるためには保湿成分が配合されているものを選ぶのが吉。

保湿成分は様々なものがありますが、おすすめはセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸の三つの保湿成分です。

これらは肌本来に含まれる保湿成分なので、肌馴染みが良く、水分キープ力も高く期待できます。

 

 選び方2:美白ケア重視なら配合されている美白有効成分の種類をチェックする

美白有効成分には大きく分けて二つの種類があります。

シミを防ぐ成分と、すでに色素沈着してしまったシミを薄くする成分です。

美白有効成分と聞くと、シミを消す効果があると勘違いしている方は少なくありません。

シミを薄くする効果が期待できる美白有効成分は、「ビタミンC誘導体」と「ハイドロキノン」のみ。

それ以外で美白有効成分と呼ばれているものは、シミを防ぐ効果が期待できるものです。

オールインワンゲルで美白ケアをする場合は、シミを予防したいのか、すでにできてしまったシミを薄くしたいのか、目的をはっきりとさせてそれぞれに効果のある成分が配合されているゲルを選びましょう。

シミを薄くする美白有効成分の「ハイドロキノン」は、一般の化粧品に使用されることは少ないので、「ビタミンC誘導体」を配合しているものが良いでしょう。

また、オールインワンゲルは他の化粧品と比べると、劣化しやすい化粧品なので、容器が保存に適したものかどうかもチェックする必要があります。

多くはジャータイプですが、衛生的に保存しやすいのはポンプ式のボトルかチューブタイプです。

 

 選び方3:初回価格が激安なオールインワンゲルは要注意!

「初回限定○○○円」、「初回特別価格50%OFF」と謳っているネット販売のオールインワンゲルは、定期購入する事で初回のみ激安になっている事が多いです。

この定期購入はすぐに解約できない事が多く、初回のみ安く購入できても、結局割高になってしまう事も。

しかも2回目以降からの価格は、量販店や大型ドラックストアで販売されているものよりかなり高い価格設定になっていることが多いです。

商品自体は悪いものではありませんが筆者の経験では、ドラックストアなどで販売されているものとあまり変わりはないので、購入の際は購入条件や品質をよくチェックしてから購入して下さい。

 

4.おすすめのオールインワンゲル

筆者が現在リピートしているオールインワンゲルは、ファンケルから販売されている「ビューティブーケ ピンつや ホワイトゲル」です。

ファンケル ビューティーブーケ

ファンケル ビューティブーケ ピンつや ホワイトゲル
1本で保湿・美容液・パック・マッサージ・アイケア 5つの機能を叶えるオールインワン。
発芽米発酵液が肌をほぐし、ハリつや発酵エキスがコラーゲンをケア。
驚きのうるおい・明るさ・ハリつやを実感。
85g 約2ヶ月分 4,800円(税別)

>>ファンケル ビューティーブーケの詳細はこちら

 

このビューティブーケ ピンつや ホワイトゲルに辿り着くまでの私の「オールインワンゲル遍歴」は以下。

○ドクターシーラボ 薬用アクアコラーゲンゲル

○WEB販売のオールインワンゲル「P」※商品名は伏せます

○DHCアスタキサンチン コラーゲン オールインワンジェル

○エビータ ディープモイスチャー ジェル

○資生堂 アクアレーベル

○KOSE グレイスワン

○WEB販売のオールインワンゲル「O」※商品名は伏せます

いまここ → ファンケル ビューティーブーケ

 

色々とオールインワンゲルを使ってきました。

個人的に感じた事ですが、総じて言えることは「保湿が不十分」です。(ちなみに私は乾燥肌ではありません、普通肌です)

もちろんゲルをつけて1~2時間はいい感じなのですが、それ以上経過すると次第に肌が乾燥してきて、何らかの油分をつけてあげないとシワになりかねない状態に。

今までのオールインワンゲルのいくつかは肌が乾燥してピリピリ感があったので、その場合は使用を中止。そして次から次へと色々試しました。

結局、オールインの後で+美容液(もしくは乳液)をつける事が多いので「コスパがいいか?」と言うと、微妙なところです。

ですがこの1本5役も6役にもなるオールインワンの「ラクちんさ」は、忙しい朝の使用で慣れてしまうと元には戻れないのです。

この保湿問題さえ何とかなればと思っていたところ、とある美容家のブログにこの「ファンケル ビューティブーケ ピンつや ホワイトゲル」が紹介されていました。

美容液や洗顔・メイク落としなどのミニボトルやポーチまでついて、お試し価格980円だったので軽い気持ちで購入。

使ってみて、今までとは違うしっかり保湿を実感。使い続けてもピリピリ感はなしでした。

「高機能オールインワンゲル」と言うだけあって1,000円台の価格帯のものと、はっきりと使用感の違いを実感出来ます。

 

このファンケル ビューティブーケ ピンつや ホワイトゲル本体の価格は2ヶ月分4,800円(税別)です。

マッサージゲル、パックとしても使えます。

特徴は、保湿成分の「ヒアルロン酸」をたっぷり配合していること。

ヒアルロン酸は、乾燥以外にアンチエイジング対策もできるため、シワやたるみがきになってきた年齢の私には心強い。

さらに「発芽米発酵液」が肌をほぐして、「ハリつや発酵エキス」がコラーゲンをケア。

使用後の肌の潤いが長時間キープするだけではなく、明るさやハリつやが出るのです。

ゲル選びに迷ったら、ぜひ一度お試しください。

ファンケル ビューティーブーケ

ファンケル ビューティブーケ ピンつや ホワイトゲル
1本で保湿・美容液・パック・マッサージ・アイケア 5つの機能を叶えるオールインワン。
発芽米発酵液が肌をほぐし、ハリつや発酵エキスがコラーゲンをケア。
驚きのうるおい・明るさ・ハリつやを実感。
85g 約2ヶ月分 4,800円(税別)

>>ファンケル ビューティーブーケの詳細はこちら

 

5.オールインワンゲルは「スゴイ効果は無いけれど超便利アイテム」

オールインワンゲルは、便利な反面、保湿力が足りなかったり、特定の肌ダメージのケアには不十分な可能性があります。

しかし、保湿力は導入化粧水で、特定の肌ダメージには専用のコスメを使うなど、デメリットをカバーすることは可能です。

そしてオールインワンゲルに保湿力を求めるなら、保湿成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。

おすすめのオールインワンゲル

-スキンケア, 基礎化粧品