スキンケア 基礎化粧品 基礎知識

化粧水のつけ方、正しいのは手でつける?コットンでつける?

投稿日:

沢山美容に特化している雑誌も発売されていますし、“美容家”なんて名前の職業の人もいるくらい美容戦国時代な今の日本。

様々な新しい美容方法も出ては消えていきますよね。

そんな中で、今この瞬間もとにかくたくさんの美容情報が溢れていますが、今回お話ししたいのは“正しい化粧水のつけ方”です。

1.元美容部員が解説!正しい化粧水のつけ方

 

皆さんは化粧水は何でつけていますか?

手でしょうか?あるいはコットンでしょうか?

「化粧水を使い始めた時からコットン派」と言う方も、「コットン代がもったいないからずっと手」とか、「何でつけてもそれ程変わりないでしょ?」と言う方もいると思います。

 

もちろん、化粧水を発売しているメーカーによっても考え方は様々あります。

化粧水のパッケージ自体に『○○でつけましょう』なんて記載がある場合もあります。

基本的には使用しているメーカー推奨の方法がベストです。

 

化粧水の成分によっても、もしかすると効果的なつけ方がある場合もあるでしょう。

ですが、中には『コットン、あるいは手に取って…』なんてあいまいな記載をしているメーカーもあります。

(むしろ筆者からすると、後者が多いイメージです…)というわけで、今回はこの基本中の基本をお話していきます。

 

2.化粧水の正しいつけ方 正解はコットン!

今回はずばり!結論からお話しします。

化粧水は“コットン”でつけるのがおすすめです。

というのも、お肌の表面は目には見えない凹凸があるんです。

キメなどもこれに当たります。

この目には見えない凹凸を、手では十分にフォローできないからなのです。

その点、コットンであれば目には見えないお肌の凹凸にもしっかりフィットして化粧水をお肌に浸透させてくれるのです。

 

3.化粧水を手でつけるのはダメなの?

では、化粧水を手でつけるやり方はNGなのでしょうか?

手に化粧水をつけると、実はとってもをしているという点からもコットンがお勧めなんです。

というのも、手に化粧水をとると、やはり少なからずポタポタ・・・っと化粧水が垂れてしまいますよね。

そして手にも化粧水が吸収されますので、お顔にのせるころには量が少なくなっています。

綺麗に無駄なく、お肌の隅々まで行きわたらせることを考えると…コットンの方が経済的だと言えるでしょう。

 

4.化粧水はコットンでつけると浸透力が下がる?

化粧水は手でつけたほうが手の温かさで浸透力がアップするはず!

―そんな風に考える人も少なくないでしょう。確かにそれも一理あります。

手の温かさで血行もよくなりますし、一石二鳥!

ですが、その点ではコットンでも大丈夫です。

コットンでお肌になじませた後に、手のひらで優しくお顔を包み込んであげてください。

そうすれば血行もよくなりますし、手のぬくもりで化粧水の浸透力もアップさせることができます。

 

5.化粧水をコットンでつける時の注意点

ここまで、化粧水はコットンでつける方が良いとお話してきましたが、最後にコットンで化粧水をつける際の注意点を2つ

 

 注意点 ①

それは、パッティング方法です。

パンパンパン!とあまりに強くつけてしまうのはやめましょう

このようにするのは 「お肌に刺激を与えて血行を良くする」 と思っている方もいらっしゃると思います。

ですが逆に刺激を与えすぎて、お肌が傷ついてしまいます。

顔にはたくさんの毛細血管があります。

それを傷付けてしまうことにもなりかねないので、あくまで優しく丁寧につけることを心がけてください。

 

 注意点 ②

そしてコットンの種類ですが、あまり安いものはおすすめできません

価格の安いコットン・高いコットン、両方使ったことがある方は実感していらっしゃるかもしれませんが、安いコットンに化粧水を含ませても、コットン自体に厚みが無いので肌にあてた時、弾力が無く化粧水が肌へ浸透する力が弱いのです。

また、パサパサと毛羽立って繊維が肌に残ってしまいます。

勿論安かろう悪かろうとは一概に言えません。

ですが極力肌あたりの優しい、オーガニックコットンがベストです。

敏感肌の方などは、余計な刺激で肌荒れを引き起こす原因にもなるので、化粧水と同じくらいコットン選びにも慎重になってあげてくださいね。

-スキンケア, 基礎化粧品, 基礎知識

Copyright© 美白化粧品 ランキング決定版!人気美白化粧品の効果をスゴイ比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.