HAKUメラノフォーカスVの効果と成分と100日のテスト

投稿日:11月 20, 2018 更新日:


美白化粧品 ランキング HAKUメラノフォーカス HAKUメラノフォーカスV
   1日目の感想 🎂ガトーショコラだ~
   7日目の感想 😻毛穴がキレイになってない?
  14日目の感想 🙀老人性色素斑、炎症性色素沈着は絶好調
  21日目の感想 😼議事録みぃ~け!やっぱサリチル酸だぁ!
  28日目の感想 😽毛穴が閉じてきた?
  35日目の感想 😪「おぉ~(≧◇≦)」といった劇的な効果もなく1カ月が過ぎてしまいチョット、メンドクセェ気持ちになっています。
  50日目の感想 😻ん、お肌ツルツル
  65日目の感想 😻美白の定義

HAKUメラノフォーカスVの効果と成分と口コミ

美白化粧品 ランキング 王冠美白化粧品 ランキング第2位 HAKUメラノフォーカスV

美白化粧品 ランキング第2位 HAKUメラノフォーカスV

HAKUメラノフォーカスV 公式サイト

🏫資生堂が言いたいこと

美白美容液部門で13年連続 売上NO.1を誇る資生堂HAKUが、進化を続けるシミ予防研究の集大成として発売したのが「HAKUメラノフォーカスV」です。

HAKU、高級なイメージがありますが実際のコスパはそれほど高くなく、コスパ 3,085円/1カ月です。

ちょっと試してみたいと思ったらお試しできる金額です。

美白化粧品 ランキング HAKUメラノフォーカスV HAKUメラノフォーカスV 公式サイト

シミができる肌特有のメカニズムを研究しつくし、メラニンの過剰な生成を効果的に抑え、美白します。

肌の気になる部分に働きかけ、明るく澄んだ、生まれたての透けるような肌へ導きます。

📝↑そんなことが出来たらノーベル賞ものだわ・・・
 

これまで、シミのある肌のメラニンがどのような状態になっているのか、平面的にしか認識する事が出来ませんでした。

今回 資生堂は、初めてシミを立体的に解析する事に成功しました。

シミを立体的に解析できるようになったため、どのようにシミが作られていくか始めて立体的にとらえることで、シミの生成を効果的に抑制することが可能になりました。

メラニンの生成ルートを発見したことでシミ生成連鎖を抑制します。

また、従来届かなかった肌の奥深く、基底層にあるメラニンに美白有効成分を浸透させる事に成功。

整肌、保護の成分を持つアンダーシールダーが、肌を整えシミの発生を防いでくれます。
 

📝美白マニアが言いたいこと

シミ予防に特化した、資生堂の美白のスペシャルブランドがHAKUです。

HAKUがなんで13年連続、美白化粧品の売上No1なのか?やっぱり知りたいですよね。私もとても知りたいです。

世の中で長くヒットし続けているものは、ちゃんと理由があります。

HAKUにも何か理由があるのでしょう。

そこで、美白マニアの登場です。

今回はHAKUをターンオーバー3回にあたる100日以上の集中使用で効果を見極めたいと思います。

美白化粧品 ランキング第2位 HAKUメラノフォーカスV 王冠美白化粧品 ランキング第2位 HAKUメラノフォーカスV

トライアルセット
価格 送料・手数料 内容 内容量 美白有効成分 プレゼント
2,700円
(税込)
無料 薬用 美白美容液 33回分
(10g)
4MSK(※1)
m-トラネキサム酸
ピュアホワイトドリンク1本
割引クーポン

(※1) 正式名称:4-メトキシサリチル酸カリウム塩

HAKUメラノフォーカスV 商品
価格 内容量 1カ月のコスパ 実際のコスパ
10,800円(税込) 2.5カ月分(45g) 4,320円(税込) 3,085円(税込)

※ 1本で2.5カ月分ですが、実際は3.5カ月以上使えます。コスパ 3,085円/1カ月はかなり良いです。

美白化粧品 ランキング HAKUメラノフォーカスV

美白化粧品 HAKUメラノフォーカスV ゆずさん

40代 ゆずさん HAKUメラノフォーカスVを使った感想を見る

美白化粧品 ランキング HAKUメラノフォーカスV

HAKUメラノフォーカスV 公式サイト

📝美白マニアのHAKUメラノフォーカスVの解説 現在 使用中 65日目

肌の5層の最深部まで美白成分が届くのか?

HAKUメラノフォーカスV のポイントは、肌の基底層まで美白有効成分 4MSK が浸透できるか?がポイントです。

トラネキサム酸は、肝斑用の内服としての効果は確認できていますが、外用ではちょっと期待できないので、4MSKにスポットをあてて使用していきたいと思います。

美白の基本は、肌を構成する5層、皮膚幕、角質層、顆粒層、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層の、5層目の基底層にあるメラニンまで美白成分が浸透できなければ、シミを薄くしたり、消したりすることはできません。

ターンオーバー

多くの美白化粧品は、この5層の5層目 最深部の基底層まで美白成分は浸透できません。

もし簡単に肌の最深部まで、水や油が浸透するなら、肌は人をさまざまな有害物質から守ることができません。

人の肌は、さまざまな有害物質や、紫外線などの目に見えない不可視光線の電磁波などから体を守っています。

当然、美白成分も同様で、肌がよいもの、わるいものを判断できない以上、この5層を通過するのは難しいのです。
 

最先端技術として注目を浴びているナノテクノロジーのような1ミリの1/1000000の大きさという原子や分子に近い、超極小のサイズまで小さくした、ナノAMAのような美白成分ではないと、基底層のメラニンまで直接 美白成分が到達することは難しいでしょう。

HAKUメラノフォーカスVは美白成分の効果より、大きさが重要になってきます。
 

資生堂史上最高の美白成分 4MSK

4MSKについては、チロシナーゼ活性阻害を有する化合物です。

チロシナーゼの働きを抑制する美白成分には、ハイドロキノン、アルブチンなどがありますが、4MSKも同様の効果を有するものです。

ただし、ハイドロキノンの効果はアルブチンの100倍とも言われているので、4MSKがハイドロキノンと同等と考えるのは間違いだと思います。

具体的な認可の議事録は、薬事・食品衛生審議会 化粧品 議事録に残っていましたので、4MSKはチロシナーゼ抑制型の美白成分であることは確実です。
 

資生堂といえば化粧品会社の代表格です。資生堂のような立場になると、美白成分も多くの美白化粧品で使用されている「アルブチンと、ビタミンC誘導体入れました」では差別化ができないのですね。

4MSKのような独自の美白成分を開発し、所管官庁から認可を受けて、この美白成分は他とは違うのよ!と大きく差別化にでれるようにしないと業界No1の地位を守っていくのは難しいのでしょうね。

そういう意味では、他の美白化粧品を製造している会社は、「アルブチンと、ビタミンC誘導体入れました」で十分通用するので、楽といえば楽ですね。
 

美白マニアの私は普段、アスタリフトホワイトを使っていますが、一時中断して、HAKUメラノフォーカスVを試している最中です。

私は、紫外線が原因で起きる一般的なシミの老人性色素斑が少し、小学生のころやんちゃで友達と喧嘩してできた頬の両側の傷跡がシミになった、小指の爪ほどの炎症性色素沈着があります。

HAKUメラノフォーカスVで老人性色素斑、炎症性色素沈着どっちにも効くのか、それともどちらかにしか効かないのか、どっちにも効かないのか、じっくり試したいと思います。

使用開始日は9/21日です。肌のターンオーバーは28日周期ですので、60~100日以上、使用したいと思います。

結果は後日、ページにアップします。

 

美白化粧品 ランキング HAKUメラノフォーカスV HAKUメラノフォーカスV 公式サイト
 

HAKUメラノフォーカスV 1日目の感想  🎂ガトーショコラだ~

HAKUメラノフォーカスVの商品 10,800円(税込)を買うと、こんな箱で届きます。

まずは、開封の儀。
美白化粧品 ランキング HAKUメラノフォーカスV美白化粧品 ランキング HAKUメラノフォーカスV美白化粧品 ランキング HAKUメラノフォーカスV

HAKUが入っている箱はわかりますが、右上の黒っぽい箱は何?かと言うと、資生堂パーラーのガトーショコラ2個入りが2箱、同封されています。

ガトーショコラが気になって先に食べてしまったのですが、冷蔵庫で冷やして食べるとマジ美味しいです。

資生堂のおもてなしですね。

では、HAKUメラノフォーカスVを使ってみます。
美白化粧品 ランキング HAKUメラノフォーカスV美白化粧品 ランキング HAKUメラノフォーカスV美白化粧品 ランキング HAKUメラノフォーカスV

テクスチャー 使用感

HAKUメラノフォーカスVは美白美容液だと思っていたのですが、美白クリームといったほうが良いです。

美容液のような透明感はなく、白いクリーム状の美白化粧品です。

クリーム状ですので、肌に乗せている感じがして、はじめはかなりうっとおしいですが、数日使ううちに慣れています。

使用方法は、ディスペンサーを2回押した分を、顔の5カ所(両ほお・額・鼻・あご)に置いて、顔全体になじませます。
 

クリーム状ですが、すごくよく伸びるので、ディスペンサーを2回ではなく1回で十分な量だと思います。

厚塗りするのが趣味という人以外は、ディスペンサーを1回プッシュすればいいでしょう。

1回プッシュならコスパも2倍良くなります。

疑問に思ったのは、美白美容液なので、化粧下地の前に使うのですが、クリーム状なので化粧下地を作りにくいのです。

2日目からは、夜つかって、朝洗い流すことにします。

 

HAKUメラノフォーカスV 7日目の感想  😻毛穴がキレイになってない?

「やっぱりね」というのが正直な感想で、老人性色素斑、炎症性色素沈着のどちらにも効果はなく、7日では肌の透明感が増すなどの美白効果もありませんでした。
 

「むむ」と思ったのは、私はHAKUメラノフォーカスVを直接肌につけているのですが(化粧水の後に使ってはいない)、朝、洗い流した後、肌がモッチリしているのです。

毛穴がきれいになってない? サリチル酸はいってますよね?

そして、「毛穴がキレイになってない?」と思うのですが、毛穴がキレイになっているのは、4MSKこと4-メトキシサリチル酸カリウム塩の作用で、4-メトキシサリチル酸カリウム塩には、サリチル酸が配合されているのだと思います。
 

サリチル酸の効果 その1 角質を落とす

サリチル酸の効果は、角質層を柔軟にして角質を落とす作用があります。

皮膚の一番外側の角質は、活動をやめた細胞(死んだ角質)を脂質が取り囲んでいて、レンガがモルタルで接着して積まれたような構造になっています。

サリチル酸は、この脂質(モルタル部分)の結合を弱める作用が高くその結果、死んだ角質を剥離できます。

剥離した角質の下には、新しい皮膚がありますので、より透明感の高いつややかな皮膚になります。
 

サリチル酸の効果 その2 ターンオーバーを促進する

サリチル酸は主に、比較的高額なピーリングや、殺菌作用が強いことからニキビ対策にも使われており、成分としては高額な部類にあたります。

美白化粧品にサリチル酸を入れてくる意味は、サリチル酸が角質層を剥離する効果があるので、肌のターンオーバーがより短い期間になり、古い皮膚幕、角質層を取り除くことで、肌がより透明感が増し、美白効果があったうように感じることを目的としているのではないかと思います。

洗顔しても、もっちりる

洗顔しても、もっちりしているのは、濃グリセリンなどの保湿効果のある成分がいろいろ含まれているので、その作用が強いのだと思います。

サラサラ肌がいいか、もっちり肌がいいか、結構好みの分かれるところですね。

 

HAKUメラノフォーカスV 14日目の感想  🙀老人性色素斑、炎症性色素沈着は絶好調

先週から引き続き「やっぱりね」というのが正直な感想です。

老人性色素斑、炎症性色素沈着のどちらにも効果はなく、14日では肌の透明感が増すなどの美白効果もありませんでした。
 

毛穴がきれいになっているんじゃないかな?と先週思ったのですが、今週もそのように思います。

これは、4MSKこと4-メトキシサリチル酸カリウム塩にサリチル酸の効果があるのは、間違いないだろうと確信めいてきました。

多くの美白化粧品のトライアルセットが1週間~10日分程度の容量なので、トライアルセットで効果を感じるのは、なかなか難しいだろうなと思います。

 

HAKUメラノフォーカスV 21日目の感想  😼議事録みぃ~け!やっぱサリチル酸だぁ!

先々週から引き続き「やっぱりね」というのが正直な感想です。

老人性色素斑、炎症性色素沈着のどちらにも効果はなく、21日では肌の透明感が増すなどの美白効果もありませんでした。

毛穴がきれいになっているんじゃないかな?という傾向は、確かに使用前より綺麗になった気がしますが、効果は止まったように思えます。

4MSKにサリチル酸が入っている証拠。4MSKの申請を所管官庁と協議した議事録発見

やはりサリチル酸の影響で毛穴がきれいになったと感じたのは確実だったようです。

資生堂が4MSKの申請を所管官庁と協議した議事録がありました。

その中で、4MSKとサリチル酸の関係について説明している箇所があり、サリチル酸と同様の作用があることがわかりました。

4MSKとサリチル酸の関係の議事録、薬事・食品衛生審議会 化粧品 議事録

21日も使っていると、そろそろ飽きてくるんですよね。

いろいろ試したい体質なので、右と左とオデコで全部別の美白成分を試してみたいというのが本音なのですが、それでは正しい効果測定ができないので、我慢して使い続けることにします。

 

HAKUメラノフォーカスV 28日目の感想  😽毛穴が閉じてきた?

今日でちょうどターンオーバー1回分の期間が過ぎましたが、

先先々週から引き続き「やっぱりね」というのが正直な感想です。

老人性色素斑、炎症性色素沈着のどちらにも効果はなく、28日では肌の透明感が増すなどの美白効果もありませんでした。

皮脂分泌を抑制してくれる 2-O-エチル-L-アスコルビン酸

毛穴はやっぱりきれいになっています。というか開いた毛穴が閉じてきた?ように見えます。

ビタミンC誘導体は、皮脂分泌を抑制してくれる働きがあるのですが、HAKUメラノフォーカスVには、隠れた成分として2-O-エチル-L-アスコルビン酸というビタミンC誘導体が配合されています。

サリチル酸の角質の剥離効果と、ビタミンC誘導体の皮脂分泌の抑制効果で開き気味だった毛穴が、締まってきたのかもしれません。

 

HAKUメラノフォーカスV 35日目の感想  😪「おぉ~(≧◇≦)」といった劇的な効果もなく1カ月が過ぎてしまいチョット、メンドクセェ気持ちになっています。

先先先々週から引き続き「やっぱりね」というのが正直な感想です。

老人性色素斑、炎症性色素沈着のどちらにも効果はなく、35日では肌の透明感が増すなどの美白効果もありませんでした。

毛穴がきれいになる、毛穴の収斂作用があるという感覚は継続的に感じます。

サリチル酸の角質の剥離効果と、2-O-エチル-L-アスコルビン酸の皮脂分泌の抑制効果で、毛穴がきれいになる、毛穴の収斂作用が起きていると考えています。

ところで、HAKUメラノフォーカスVのリアルテストも、結構飽きてきました。

「おぉ~(≧◇≦)」といった劇的な効果もなく1カ月が過ぎてしまいチョット、メンドクセェ気持ちになっています。

顔の左半分をHAKU、右半分を別の美白化粧品使いたいなぁという気持ちです。

 

HAKUメラノフォーカスV 50日目の感想  😻ん、お肌ツルツル

HAKUメラノフォーカスVを使い始めてから、早くも50日経過。

老人性色素斑、炎症性色素沈着はあいかわらず元気です。

「ん、」と思ったのは肌がツルツルするのです。

毛穴も明らかにキレイになっています。毛穴の収斂作用も見られます。

肌に透明感が出てきたかも・・・という感じがします。

老人性色素斑、炎症性色素沈着はあいかわらず元気なのですが、クッキリから少しボヤケテきたように見えます。

確かに 美白。

肌が白くなってきていると思います。

でも、まだ、老人性色素斑、炎症性色素沈着はあいかわらず元気です。

 

HAKUメラノフォーカスV 65日目の感想  😻美白の定義

HAKUメラノフォーカスVを使い始めてから、早くも65日経過。

ターンオーバーは平均28日周期なので、2回過ぎているはずです。

HAKUメラノフォーカスVについて、60日目あたりから大分理解進みました。
 

すぐには効果はわからない!

HAKUメラノフォーカスVを使ったから、翌日に「うわぁ~、スッゴイ美白効果感じる」とはなりません。

当たり前ですよね。肌のターンオーバーは平均28日周期なので、厳密には最低28日見ないとわからないのです。

ピーリングのように無理やり角質層を取ってしまえば、透明感や美白効果を感じるかもしれません。

しかし、HAKUメラノフォーカスVはピーリングではないので、やはり時間がかかります。
 

美白の定義ってなんだろう?

60日あたりから感じ始めたのは、美白ってなんだろうという美白の定義です。

ざっと上げると、透明感、肌が白くなる、キメの細やかさ、

老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑などが薄くなるもしくは消える。

毛穴がきれいになる、毛穴の収斂効果、などでしょうか?

HAKUメラノフォーカスVを使い始めたころ、老人性色素斑、炎症性色素沈着が薄くなる、もしくは消えることを美白と定義していた私がいました。

しかし、総合的に美白効果とは何かを考えてみると、老人性色素斑、炎症性色素沈着が薄くなる、もしくは消えることは美白の1要素に過ぎないのではないかと思うようになりました。
 

美白の定義 その2

総合的な美白効果を考えたとき、HAKUメラノフォーカスVの美白効果は「高い」のではないでしょうか。

美白の定義について考えてみました。

老人性色素斑、炎症性色素沈着も薄くなりつつある
老人性色素斑、炎症性色素沈着が薄くなる。もしくは消える

肝斑
肝斑が薄くなる。もしくは消える

透明感
透明感がUP

肌の白さ
肌の白さがUP

キメの細やかさ
キメが細やかさがUP

毛穴が綺麗さ
毛穴が綺麗がよりきれいになる

毛穴の収斂効果がある
毛穴の収斂効果がUP

ハリの良さ
ハリがより良くなる

HAKUメラノフォーカスVは、老人性色素斑、炎症性色素沈着は若干薄くなりました。

私は肝斑はないのでわかりません。

透明感は少しUPしました。肌はもともと白いので変化はありません。

キメの細やかさは若干UPしました。

毛穴の綺麗さは、若干きれいになりました。

毛穴の修練作用は若干UPしました。

ハリについては変化はありません。

65日目の段階で、これだけの変化があり、私はひかえめに評価しています。

人によってはこの変化をもっと大げさに書く人もいるでしょう。

私は、多大な期待をHAKUメラノフォーカスVを検討している人、他の美白化粧品を検討している人にも持ってもらいたくないので、最小限の評価にしています。

これだけは言えるのは、HAKUメラノフォーカスVのポテンシャルは「高い」ということだと思います。

また、短期間では美白化粧品のポテンシャルを見誤ることにつながるなという思いと、最低100日以上は使わないと本当のポテンシャルは見えてこないという考えに今は変わりました。

 

なお、肌は100人いれば100通りの肌があり、HAKUメラノフォーカスVのテスト結果は、美白マニア(優)の結果ですので、他の人が必ずしも同じ結果になるとは限らないので、HAKUメラノフォーカスVが良い悪いというわけではありません。

大切なことは、自分にあった美白化粧品や美白成分を見つけることです。

そのためには、1つの美白化粧品にこだわらず、一定期間、美白化粧品を試していくというのが、自分にあった美白化粧品を見つける近道なのだと思います。
 

肌のターンオーバーは28日が基本的な日数ですので、3回のターンオーバー、約100日間使用して様子を見たいと思います。
 

HAKUメラノフォーカスV 主たる成分内容

📋有効成分
美白成分4-メトキシサリチル酸カリウム塩 [4MSK](チロシナーゼ抑制効果)
トラネキサム酸(肝斑の改善効果)

📋その他成分
メラニン生成促進の抑制:イチヤクソウエキス、トルメンチラエキス: 参考URL:資生堂 イチヤクソウエキス、トルメンチラエキス
ビタミンC誘導体:2-O-エチル-L-アスコルビン酸
ターンオーバーを促進しメラニン排出促進:ハス種子乳酸菌発酵液
チロシナーゼ産生抑制効果:ルムプヤンエキス:
紫外線防止効果:β-カロチン
保湿効果:濃グリセリン、ジプロピレングリコール(DGP)、ワセリン、ポリエチレングリコール1000、ステアリルアルコール、マルチトール液、ポリエチレングリコール20000、3-ブチレングリコール、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムなど

📋HAKUメラノフォーカスV 全成分
イチヤクソウエキス トルメンチラエキス ユリエキス 濃グリセリン ハス種子乳酸菌発酵液 ルムプヤンエキス アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム 精製水 ジプロピレングリコール ベヘニルアルコール エタノール α-オレフィンオリゴマー メチルポリシロキサン キシリット ピバリン酸イソデシル N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウム ワセリン ポリエチレングリコール1000 ミリスチン酸ミリスチル ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル ステアリルアルコール マルチトール液 ポリエチレングリコール20000 3-ブチレングリコール ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド エデト酸二ナトリウム クエン酸 2-O-エチル-L-アスコルビン酸 l-メントール 水酸化カリウム クエン酸ナトリウム イソステアリン酸 ピロ亜硫酸ナトリウム ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン L-セリン フェノキシエタノール β-カロチン

美白化粧品 ランキング HAKUメラノフォーカスV

美白化粧品 ランキング第2位
HAKUメラノフォーカスV

美白化粧品 ランキング HAKUメラノフォーカス
HAKUメラノフォーカスV 公式サイト