メイクアップ

長持ちするリップメイクの作り方とは?

投稿日:5月 25, 2017 更新日:

食事をしたり、沢山おしゃべりしたり・・・
気づいたらせっかくのリップメイクが落ちていた!
なんて経験、皆さん誰しも一度はあると思います。

そんなあなたに、今回は元ビューティーアドバイザーだった私が、リップメイクを長持ちさせるコツをご紹介したいと思います。

 

リップメイクは基本が大事!

グロスリップメイクの長持ちの秘訣―と聞くと、とんでもない裏技が?!なんて思った方も多いかもしれません。

ですが、なんてことは全くありません。
あくまで基本を忠実に守ってメイクをするということが大切です。

意外とこの「基本」をしっかりできていない方が多いんです。

では早速長持ちリップメイクをご紹介していきます。

 

必要なのはリップライナー!

まず最初に、リップライナーをしっかり使って、唇の縁取りを行いましょう。

リップライナーなんて、唇の輪郭がぼやけた年齢がいった人が使うものなんじゃないの?
と思った方はちょっと待って!

リップライナー = 年齢を重ねた人のもの

なんてことは全くありません!

リップメイク
そもそもリップライナーの役割をご存知でしょうか?

リップライナーの効果とは?

確かに上記でもあげた通り、年齢を重ねるとぼやけてしまう唇の輪郭をしっかりと描くこともその役割の一つです。
ですが一番の役割といえるのは、「堤防」の役割であることです!

堤防とは何なのかというと、リップライナーを付けることでその後につける口紅やグロスを落ちにくくする働きがあるんです。

波から街を守る堤防と同じ役割なんです。

ですので、若い方も必ずリップメイクの一番最初にリップライナーを付けるようにしましょう。

ちなみに、リップライナーは極力芯の柔らかいものを選ぶのがおすすめです。

というのも、芯の固いものを選んでしまうと、時間がたつとラインだけ浮いてしまいがち・・・なのです。
描くときは、柔らかいものでふんわり描くようにしてください。

リップライナーで縁取りした後は?

リップライナーで縁取りをした後は、リップクリームをしっかり塗りましょう。

リップクリーム

リップクリームは保湿する役割だけではなく、上に重ねる口紅の「つき」や「モチ」を良くする働きも期待できます。

又、唇が乾燥していると上に口紅やグロスを重ねても落ちやすくなってしまいますので、そういった意味でもリップクリームはしっかりつけてください。

 

最後に口紅、グロスを重ねる

あとは口紅、そしてグロスを重ねればオッケイです。
この時おすすめなのは、リップブラシをしっかり使ってあげることです。

リップブラシを使うことで、口紅やグロスのパール感やラメ感をしっかり唇にのせてあげることもできます。

又、口紅だけ・・・あるいはグロスだけ・・・なんて方はぜひ重ね付けがおすすめです。
重ねて付けることでより一層色持ち・つやモチが良くなってきます。

 

まとめ

長持ちするリップメイクの作り方は次のようになります。

  1. リップライナーで唇の輪郭を縁取り
  2. リップクリームを塗る
  3. 口紅を塗る(リップブラシを使って)
  4. グロスを重ねる(リップブラシを使って)

いかがでしたか?

落ちにくい口紅をつければいいだけじゃない?なんて思った方もいるかもしれません。
確かにそれも一つの手ですが、それでもおしゃべりや食事にはかなわないことがほとんどです。

ですので、上記の基本的なリップメイクが大切になってくるんです。

本当に基本中の基本ですが、意外と皆さんどれか一つが抜けていたりすることがほとんどなんです。
特に、リップライナーを使っていない方は、ぜひ使ってみてください

リップメイクたった数秒で済みますので、この数秒でモチが全く変わってくるんです。
リップメイクのお直しなし!をぜひ実現させてください。

-メイクアップ

Copyright© 美白化粧品 ランキング決定版!人気美白化粧品の効果をスゴイ比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.