美白

そこにあるシミを撃退!ハイドロキノンの強力美白パワーを味方にしよう!

投稿日:8月 2, 2017 更新日:

スキンケア

スキンケアを選ぶときに美白と謳われているものをよく手に取ってしまいますよね。

冬は『高保湿!』、夏は『徹底美白!』なんて言葉に弱い私たち。

でも、美白と書いてある商品をよーく見ると小さい注釈で(シミの予防)なんて書いてあって「この出来てしまったシミは消してくれないのか~!」なんてゲンナリ・・・。

そんな出来てしまったシミにアプローチしたいアナタにおすすめなのが、ハイドロキノンという成分が配合されたクリームです。

高価なクリームにしか配合されていないし、『肌の漂白剤』なんてちょっと怖い異名を持つのですが、そのパワーはやっぱり頼りになります。

今回はハイドロキノンの特徴や効果的な使い方をわかりやすくまとめてみようと思います。

1.ハイドロキノンの特徴

よくある美白成分と一線を画すのは、やはりシミを分解する作用がある、ということです。

まずはシミがどうやって出来ていくのかを簡単に知っていきましょう。

紫外線を浴びる

チロシナーゼ(酵素)が働いてチロシン(タンパク質)と活性酸素が結合

メラニン色素ができる

排出されずに沈着してシミになる

この一連の流れは、紫外線を浴びても大丈夫なように体が自ら黒くなってお肌を守ろうとするものです。

そうすると、美白のポイントは

  1. 紫外線を浴びないようにする
  2. チロシナーゼの働きを抑制する
  3. 活性酸素を作らせない、あるいは除去する
  4. メラニンをしっかり排出する

となりますが、ハイドロキノンの一番の特徴できてしまったメラニン色素を分解してしまう還元作用にあります。

そして、他の美白成分と同じようにチロシナーゼの働きも抑制します。

ここまでだと夢の成分?となるのですが、ハイドロキノンの特徴として酸化しやすい、そして酸化してしまうとお肌への刺激が強くなってしまう、という怖い性質もあります。

あと、ハイドロキノンを付けた状態で紫外線を浴びてしまうシミが濃くなってしまうという欲しい効果と真逆の特徴もあるので、その使い方には注意が必要となります。

 

2.こうすれば怖くない!ハイドロキノンクリームの効果的な使い方

では、せっかく高価なハイドロキノンクリームを使うなら、安全に・効果的に使いたい!

ということで、前述した特徴を踏まえて使い方のポイントを押さえましょう。

 

① 夜、スキンケアの最後に使う

スキンケアの最後

使う手順が製品によっても説明されているとは思いますが、だいたいハイドロキノン配合のものはスキンケアの最後に使用します。

なぜかというと、洗顔後の水分がたっぷり保持されているお肌に使うと刺激が強くなってしまうからです。

なので、化粧水で整え、乳液で油分を与えた後に使用するのがセオリーとなっています。

夜に使うのは、紫外線を浴びないようにするためです。

もし、朝も使って効果を早く出したい!と思うならその後の紫外線対策は万全にしてくださいね。

 

② 使用期限と使用量の目安を守る

使用期限と使用量

高い美容クリーム、使い切らないともったいない!と思いがちですが、酸化しやすいことを考えると使用期限は絶対に守った方がいいです。

ですので、ちびちび塗らずに効果を実感できるまでしっかり塗りこんでいきましょう。

 

③ 体の内側からも美白をサポートする

よく寝る

外側からのアプローチをしっかりしても、体が疲れていたりストレスをため込んでいては効果の実感が遠のきます。

内側のメンテナンスを簡単に済ますには『ビタミン類をとる』『よく寝る』くらいを心がけるといいでしょう。

一日一本の野菜ジュースを飲む、深夜までのSNSチェックをやめる(眠れるし、ストレスもきっと減ります^^;)なんて事から取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

3.ハイドロキノンクリームを使う時の注意点

紫外線を浴びないものそうなのですが、他にも注意点を覚えておきましょう。

① パッチテストをする

二の腕の内側など、皮膚の柔らかくて紫外線を浴びにくい場所を選び、綿棒を使って塗りましょう。

ピリピリした刺激を感じないか24時間放置して赤みがでたりしていないかを確認してください。

 

② 配合されている濃度を確認する

日本では化粧品にハイドロキノンを配合するとき、5%までにしましょうという決まりがあります。

効果をより求めるなら最高濃度のものを選ぶべきなのでしょうが、お肌の刺激が心配ならば1~3%くらいの物を選んでみてください。

 

③ 効果を感じたら使用をやめる

ハイドロキノンを同じ場所に使い続けると白斑という白いまだら模様が出来てしまうリスクがあります。

気にしていたシミが薄くなったな~と感じたら、今度は違う部位のシミに使うのもいいですね。

あと、もし効果が実感できなくても、2~3か月くらいでまずは使用を中断したほうがいいでしょう。

お肌を休ませてからまた再開してもいいですし、効果を実感できないなら別のアプローチをしてもいいですからね☆

 

④ 妊娠中や赤ちゃんと一緒に寝るときは使用を控える

妊娠中

妊娠中は、お肌がデリケートになっていてハイドロキノンの強い刺激に肌トラブルが起きやすくなります。

そして、言わずもがな・・・という感じですが、赤ちゃんの健やかなお肌にはハイドロキノンは必要ありません。

むしろ、皮膚を守る為になされている本来のメラニン色素の働きを邪魔することになります。

どうしても使いたい!というならば絆創膏を使用するなどして、赤ちゃんのお肌につかないようにしましょう。

 

4.ハイドロキノンが配合されている美白化粧品

アンプルールを使ってみました

美白化粧品 ランキング アンプルール トライアルセット

MIKAさん(30代)

1.あなたの年齢(20代・30代・40代)と肌質、肌の悩みがありましたら教えて下さい

・年齢:30代
・肌質:普通
・肌の悩み:子供の時からあるそばかすが濃くなってきて全体的にくすんできた

2.美白化粧品 アンプルールを使ってみたいと思ったきっかけは何でしょうか?

とにかく肌を白くしたい!くすみを何とかしたい!と思いネットで色々調べているうち、ハイドロキノンが効きそうだと言うことがわかりました。

皮膚科など病院にいくのが一番良さそうでしたが、昨年出産したばかりなので、とにかく自宅で出来る美白化粧品のハイドロキノン入りを探して辿り着きました。

3.美白化粧品 アンプルールを使用して、美白(くすみ)の効果はどのように感じられましたか?

サンプルを使い終わっただけなので美白出来た!とまではいきませんが、くすみが取れてきたように思います。
顔のトーンが1トーン上がったような気もします。

美白化粧品 ランキング第3位 アンプルール トライアルセット

4.美白化粧品 アンプルールを使用して、しわ、ハリ、たるみなどのアンチエイジング効果はどのように感じられましたか?

しわは効果がありませんでした。
ハリやたるみは、ちょっと引き締まったような感覚があります。

5.美白化粧品 アンプルールの不満な点と今後期待することを教えて下さい。

トライアルセットのお値段が高いのでせめて1500円以下だと嬉しいです。

使ってみて感じたことは、化粧水や美容液を肌に乗せたときの吸収がすごく速い!あっという間に吸収されてうるおいだけが残されます。
プチプラ化粧品ではまずあり得ない使用感でした。

スポット集中美容液のラグジュアリーホワイト コンセントレートはワセリンみたいなので、患部(私の場合はそばかす)だけに集中して使わないとべたつきます。

全体的にはちょっとべたつく?というか、重い?と言うような感触なので、オイリー肌の人は合わないかも知れません。

美白美容液が気に入りましたが、本品は8,000円とお値段高め。ですが内容量は通常ありがちサイズの30mlではなく40mlなのでコスパはそれほど悪くないですね。

美白化粧品 ランキング アンプルール MIKAさんの評価

美白・くすみ アンチエイジング コストパフォーマンス 総合評価

美白化粧品 ランキング アンプルール

アンプルール公式サイト

 

5.まとめ

出来てしまったシミに作用してくれる数少ない成分、ハイドロキノンですが、使い方を間違うとせっかくの投資が無駄になり、肌トラブルまで起こしてしまします。

使った金額にみあう効果を得られるように、使用方法と注意点をしっかり守って、つやつやと輝く美白肌を手に入れましょう♪



b.glen(ビーグレン)
1.9% 配合
b.glen(ビーグレン)
公式サイト


アンプルール
2.5% 配合
アンプルール
公式サイト


透肌美活
4% 配合
透肌美活
公式サイト

-美白

Copyright© 美白化粧品 ランキング決定版!人気美白化粧品の効果をスゴイ比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.