メイクアップ

その順番あってる?正しいメイクの順番で仕上りが全く変わる!

投稿日:

メイクは自己流が一番簡単で早く出来るという人が多いと思います。

しかし正しいメイクの順番に変えるだけで、数段とメイクの仕上がりが綺麗になりますし、メイク自体も長持ちします。

それぞれのメイクの質感や発色を最大限に活かすことが出来るのです。

今回は正しいメイクの順番を紹介していきます。


正しいベースメイクの順番

① まずは下地から

メイクを行うに当たり下地は欠かせません。

肌の凹凸を無くすだけでなく、その後のファンデーションも綺麗に塗ることが出来ます。

もし日焼け止めを塗る場合は下地のに塗ります。

 

② コンシーラーとファンデーション

コンシーラーとファンデーションの塗る順番はファンデーションのタイプによって変わります。

 

リキッドやクリームタイプの場合

リキッドやクリームタイプ → コンシーラー の順番

 

パウダーファンデーションの場合

コンシーラー → パウダーファンデーション の順番

 

BBクリームの場合

コンシーラー → BBクリーム の順番

 

ファンデーションはあくまでも薄く延ばすことが大切です。

カバーしたいからと厚塗りすればよれや崩れの原因となるので、カバーしたい部分はコンシーラーでカバーするようにしましょう。

 

③ フェイスパウダーで整える

ベースメイクの最後はフェイスパウダーです。

フェイスパウダーは肌を整えたり、油分を抑えます。全体にべったり塗るのではなく、薄くブラシで塗るようにしましょう。

テカりが気になる部分や、化粧崩れしやすいTゾーンや目元だけ軽く塗るのもいいでしょう。

 

正しいポイントメイクの順番

④ 骨格作りから

ベースメイクが終わった後は、ハイライトやシェーディングで骨格を作っていきます。

シェーディングによってはスティックやクリームタイプのものは色が濃いので、ファンデーションの前に塗って上からファンデーションを重ねなくてはいけません。

自分の顔の凹凸がハイライトとシェーディングによって変わります。

そしてその日のメイクに合うチークの色を頬に乗せます。

チークはこの段階ではなくても、最後に全体のバランスを見てから色を決めて塗っても良いでしょう。

 

⑤ アイブロウ

骨格が出来てから、いよいよポイントメイクが始まると言っていいでしょう。

順番としては

眉毛の流れを整える → 眉形をペンシルで薄く書 → パウダー等で埋める → (眉マスカラ)

眉はスクリューブラシで毛の流れを整えてから描きます。

自分のしたい眉の形を先にペンシルで薄く書いてからパウダー等で埋めていけば、眉を描くのが苦手な人でも綺麗に仕上がります。

眉マスカラをする場合は一番最後です。

⑥ アイメイク

順番としては

ビューラー → アイシャドウ → アイライナー → マスカラ

の順番が望ましいでしょう。

アイメイクを行う前にビューラーでしっかりとまつげを上げておきます。

先にビューラーをしておけばアイシャドウやアイライナーが落ちる心配もありません。

 

つけまつげをつける際はアイライナーの後に付けます。

 

⑦ リップメイクで仕上げ

最後はリップメイクです。

順番としては

保湿 → ファンデーション等で唇の色を消す → 唇に色を乗せる

の順番が望ましいでしょう。

リップクリームなどで保湿をした後にリップコンシーラーやファンデーションで唇の色を消せば、口紅本来の綺麗な色を乗せることが出来ます。

 

まとめ

自分では正しいと思っている自己流のメイクの順番も実は間違っていることも多いものです。

正しいメイクの順番で、今までよりもメイク本来の質感発色を楽しんでみてください。

そうすればメイクも綺麗に仕上がり、普段よりもこなれた雰囲気のメイクをすることが出来るでしょう。

-メイクアップ

Copyright© 美白化粧品 ランキング決定版!人気美白化粧品の効果をスゴイ比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.