基礎知識 美白

あなたのシミはどの種類?シミの種類と対処法

投稿日:

単に「シミ」と一括りにされてしまうことが多いですが、同じシミでもその原因はそれぞれ。
必ずしもすべて同じ原因でできるものではありません。

1.【シミの種類】消したいシミはこれだった!

シミにはいくつかのタイプがあります。
あるタイプには効果的でもそれが他のタイプにも効果的とは限らないため、改善へ向けたアプローチも変えていく必要があるのです。

そこで今回はシミにはどのようなタイプがあるのか、またそれぞれの対策について解説します。

 

 ① 日光性黒子 にっこうせいこくし(老人性色素斑)

シミ 種類 日光性黒子(老人性色素斑)

シミ(日光性黒子)の原因とメカニズム

私たちが普通に生活をしていれば日光に当たることは避けられません。
そして、そんな日光には紫外線が含まれています。

紫外線は目に見えませんが非常に強力なエネルギーを持っています。
そのエネルギーが直接肌の奥深くまで入り込めば、肌組織を破壊したり肌が焼けただれたりといった影響を及ぼすほどです。

ですが肌は紫外線から身を守るため、メラノサイトという細胞を持っています

紫外線がメラノサイトを刺激すると、紫外線を遮るためにメラニンを作り出します。
日焼けをすると肌が黒くなりますが、これはメラニンの色素が黒いから。
海で体を焼くほどの日光を浴びなくても、肌の中では少量ながらメラニンが生成されています。

通常、生成されたメラニンは肌のターンオーバーによって体の外へ排出されます。
ですが年齢を重ねていくとターンオーバーの速度が遅くなり、ダメージが肌に蓄積されていきます。

蓄積されたダメージが目に見える結果として現れるのが黒いシミ

このタイプのシミを日光性黒子と言いますが、年齢を重ねると発生しやすいシミであることから老人性色素斑とも呼ばれます。
原因は紫外線であるため、太陽の光に当たることが多い頬や手足にできることが多いシミです。

 

シミ(日光性黒子)を消したい!

このタイプのシミは紫外線を防ぐことで予防できます
外に出る時は帽子や日傘をさす、日光に触れる部位には日焼け止めを塗る、とった対策が有効と言えるでしょう。

紫外線対策は太陽が熱く感じられる夏だけでなく1年中必要です。
たしかに冬は夏よりも紫外線がいくらか弱まりますが、それでも長く浴びていれば確実に肌へダメージを蓄積させていきます。

また、太陽光が雲に隠れている時にも紫外線は地上に照射されています。
雲に隠れていれば紫外線の量も少なくなりますが、雲の切れ間から太陽光が差し込んでいるような場合は紫外線が強力になるという報告もあります。

天気の状態に関係なく、外に出る時は紫外線の対策を欠かさないようにしましょう。

肌の代謝、ターンオーバーの速度を正常に保つのも有効な対策です。

ターンオーバーを正常化するためにはビタミンCL-システインといった栄養を取ることが効果的です。

○ビタミンC ・・・パセリやレモンといった野菜・果物類に多く含まれます。

○L-システイン・・・メチオニンという物質から生成されるのですが、これは青魚や肉などのたんぱく質に含まれます。

紫外線には肌の細胞を攻撃する活性酸素を発生させるため、これを抑える抗酸化作用のある栄養も積極的に取りたいところです。
具体的にはお茶や果実に含まれるポリフェノール、赤い野菜に含まれるリコピンが挙げられます。

ターンオーバーの正常化をするにせよ、抗酸化作用を働かせるにせよ、大事なのは栄養をまんべんなく取り入れることです。
偏食を避け、栄養のバランスがとれた食生活を心がけましょう。

 

 ② 炎症後色素沈着

シミ 種類 炎症後色素沈着

シミ(炎症後色素沈着)の原因とメカニズム

メラノサイトへの刺激がシミの原因となる点は前述の日光性黒子と同じです。
しかしメラノサイトへの刺激は紫外線だけではありません。
ニキビや虫刺されによって肌に炎症を起こした際もメラノサイトに刺激が加わります。

この刺激によって生成されたメラニンが炎症後色素沈着によるシミです。
炎症している間はその赤みのせいでシミが目立ちませんが、炎症が治った後にシミが目立ち始めます。

ターンオーバーによってメラニンが外に排出されれば問題はないのですが、メラニンができた深さによっては治るまでに時間がかかることもあります。
また、直接の原因ではありませんが紫外線によって色素沈着が悪化し、より目立ってしまったり治るまでに時間がかかってしまったりというリスクもあります。

 

シミ(炎症後色素沈着)を消したい!

日本人は黒色メラニンを持つ人が多く、炎症後色素沈着によるシミが特に目立ちやすくなりがちです。
ちょっとくらいの炎症なら大丈夫と油断してはいけません。
シミを防ぎたいのであれば炎症への対策も必須と言えるでしょう。

まずは肌に炎症を起こさないことが重要です。
ニキビをつぶさないようにする、虫刺されを防ぐために虫よけスプレーを使用するなど、炎症を未然に防ぐ対策をしましょう。

肌は厚さがわずか数ミリの薄い膜です。
ニキビや虫刺されに限らず日常のちょっとした刺激でも肌を傷つけ、炎症につながる可能性があります。

体を洗う時にはスポンジでゴシゴシとこすったり、お風呂上りに体をタオルで強く拭くのはやめましょう
特に顔の皮膚は常に外気にさらされているため、より一層の注意が必要です。
洗顔をする時は優しく、できるだけ指ではなく泡で洗うよう意識すると良いでしょう。

肌が傷つくと乾燥肌の原因にもなります。
乾燥肌は外部からの刺激に敏感になった状態。
弱い刺激でも炎症の原因となりますし、痒みに耐え切れず掻いてしまうとそれもまた炎症の原因となってしまうのです。

炎症後色素沈着はメラノサイトへの刺激が原因となっているため、日光性黒子を防ぐための対策も同じように有効です。
紫外線対策、栄養バランスの改善によるターンオーバーの正常化も意識して行いましょう。

特に紫外線は炎症が起きている部位にあたると普段以上のダメージとなります。
炎症してしまった時は紫外線が当たらないよう服で隠すなど、傷を保護する処置が必要です。

 

 ③ 肝斑

シミ 種類 肝斑

シミ(肝斑)の原因とメカニズム

肝斑は頬の広い範囲にうっすらと浮かび上がるシミ
これまで解説してきたシミとは違い、紫外線が直接の原因ではありません

肝斑は女性ホルモンの乱れが原因のシミです。
女性ホルモンが乱れると、メラノサイトがいつも以上に活発に働いてしまうのです。

原因が原因なだけに、肝斑を発生しやすいのは更年期を迎えた方や妊娠した方に多いです。
しかし女性ホルモンはストレスによっても乱されるため、仕事や人間関係に悩む方にも発生することがあります。
肝斑は年齢によるものと考えず、いつ自分に現れるか分からないという意識を持っておくことが必要と言えるでしょう。

また、紫外線によるダメージも肝斑の症状を悪化させます。
肝斑が悪化するということはメラニンがより多く生成されてしまうということですので、色が濃く、より年齢を感じさせるシミとなってしまいます。

 

シミ(肝斑)を消したい!

女性ホルモンの乱れは睡眠不足、栄養不足、運動不足によって引き起こされます。
夜更かしをせず、しっかりと3食栄養のバランスがとれた食事をし、適度な運動を行うことが肝斑の改善となるのです。

睡眠不足は成長ホルモンの分泌低下にもつながります。
成長ホルモンは肌のターンオーバーを正常にする働きがあるため、これが減るとシミだけでなく肌荒れの原因にもなってしまいます。

また、運動を行うことはストレスの解消になります。
ストレスも女性ホルモンの乱れを起こすのは先ほども述べた通りです。
解消させるのはもちろんですが、できるだけストレスそのものを減らすことができればなお良いでしょう。

 

 ④ そばかす(雀卵斑)

シミ 種類 そばかす(雀卵斑)

シミ(そばかす)の原因とメカニズム

「シミ・そばかす」と分けられることも多いですが、そばかすの正体も他のシミ同様メラノサイトが生成するメラニンです。

とはいえ、そばかすの発生には遺伝的な要因が大きく関係しており、メラノサイトさえ刺激しなければ良いとは言えません。
まったくできない人もいれば、気をつけていてもできてしまったという方もいます。

そばかすができる方は子供の頃から現れ始め、成長するにしたがって数が増えていきます。
数は思春期を迎えるころにピークを迎えますが、それ以降は個人差があれど年齢を重ねるにつれて少しずつ減っていきます。

もちろん紫外線の影響もゼロではありません。
対策を怠るとそばかすは濃く、目立ちやすくなってしまいます。

 

シミ(そばかす)を消したい!

対処するのが難しいとはいえ、そばかすへの対処法がまったくないわけではありません。

そばかすの正体もメラノサイトが生成するメラニン。
できるだけメラノサイトを刺激しないよう紫外線対策を万全にすればあまり目立たなくて済みます。
ターンオーバーを促進させ、どうしても仕方なくできてしまうメラニンをできるだけ外に押し出すのも有効な対処となるでしょう。

 

2.【色でわかる】消したいシミ(色素沈着)の深さ

シミの原因がメラニンであることは何度も述べた通りですが、シミの色は濃い黒だったり茶色だったりとさまざまです。

シミの色を見ることで、メラニンが肌のどのくらい深くにあるかを知ることができます。
これを知ることでシミがすぐに治るのか、それとも特別な対処が必要かを判断することが可能です。

 

 2.1 黒、茶色のシミ

黒や茶色のシミは色も濃く、目立って気になると感じるかもしれません。
ですが色が濃いということはメラニンも肌の外側にあるということです。

ターンオーバー

肌の構造を大まかに2分すると表皮と真皮に分かれます。
表皮の一番外側を角質層、一番内側を基底層と言いますが、表皮はすべて基底層でつくられ、時間の経過とともに少しずつ角質層へ押し出されていきます。
これが肌の代謝、ターンオーバーと呼ばれる働きです。

黒や茶色のシミは表皮の中にある可能性が高いです。
ターンオーバーが正常に働けば少しずつシミは外に押し出され、やがて肌から消えていきます。

 

 2.2 灰色、青色のシミ

これらのシミは肌の奥深く、表皮のさらに下にある真皮にあるメラニンが原因と考えられます。
ターンオーバーが起きるのは表皮の中だけ
真皮でも代謝が起こっていないわけではありませんが、治るまでには時間がかかります。

自分でできる対策も十分な効果を発揮できないこともあるため、専門的なレーザー治療などが必要になることもあります。
どうしても気になるようであれば皮膚科に相談した方がいいかもしれません。

紫外線にあたると症状が悪化する可能性ももちろんあるので、いずれにせよ紫外線への対策は必須です。

-基礎知識, 美白

Copyright© 美白化粧品 ランキング決定版!人気美白化粧品の効果をスゴイ比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.