敏感肌 日焼けケア 皮脂 美白

シミそばかす予防対策を伝授します!一番の予防策は「こすらない」

投稿日:2月 28, 2017 更新日:

しみそばかすを予防するには紫外線対策!

多くの女性のお肌のお悩みとして上がるのが、「シミ」「そばかす」といった美白対策です。

シミそばかすのない真っ白なお肌は、誰もが憧れる美肌です。そんなしみそばかす、予防するためにはやはり、紫外線対策です。
そして出来てしまったシミにはビタミンC!というのが鉄板のお約束だとおもいます。

ですが実は、今回ご紹介する方法は「こすらない」というシンプルな方法です。

そんなの何の意味があるの?と思ったあなたはちょっと待って!じつはこれ、とっても大切なことなんです。
今回はそんなシンプルなしみそばかす予防方法をご紹介したいとおもいます。

シミ そばかす 予防

 

どうしてシミやそばかすが出来てしまうの?

そもそも、どうしてシミやそばかすが出来てしまうのでしょうか?
これはもう皆さんご存知の通り、メラニンの過剰生成です。

最近では多くの美容雑誌でも特集されていますし、テレビで取り上げられることも多いため、一般の方でも周知のことだとは思います。

ではこのシミのもとのメラニンの過剰生成は、どうして発生してしまうのか?

それももうご存知だとは思いますが、紫外線がその大半を占めています。紫外線を浴び過ぎてしまうと、メラニンが過剰生成されてしまうんです。
他にもストレスだったり、ホルモンバランスだったり…様々な影響でメラニンは過剰に生成されてしまいます。

日焼け

ここで、今回ご紹介したいのは実はこちらも大きな原因の一つといわれている「摩擦」です。実は最近この摩擦が、メラニンの過剰生成を促す原因として非常に取り上げられているんです!

摩擦なんて別にしてないよ!と思ったあなたはちょっと待って。
実は知らず知らずのうちに、多くの方がお肌に摩擦を起こしてしまい、結果シミそばかすを発生させていたり、より濃くしてしまっているんです…!

では一体どのような摩擦が私たちのお肌で起こっているのでしょうか?

 

お肌で起こっている摩擦とは?

まず一番多いとされているのが、スキンケアでの摩擦です。
私たちは毎日スキンケアを行っているとおもいます。クレンジングに始まり、洗顔、化粧水、美容液、クリーム等など…アイテム数はたくさんあります。

それぞれの工程を思い浮かべてみてください。
クレンジング…くるくると何度もこすりすぎてはいませんか?洗顔も同様です。
化粧水、何度も何度もコットンでパタパタと刺激を与えていませんか?あげだすと、きりがありません。

シミそばかす予防対策は「こすらない」

ある美容皮膚科の先生のお話によると、シミを消すための部分用のクリームを、気になるしみに毎日必死に塗っていた女性がいたそうです。
とにかく毎日サボらず塗り続けていたにもかかわらず、全くシミが消えない!とその美容皮膚科の先生のところに駆け込んできたんだとか。

診察の結果…なんとその原因は、シミを消そうと塗りこんでいたことそのもの。
つまりは、シミを消したいという気持ちがあるあまり、必死に塗りこむという行為が、より一層シミを濃くしていたようなんです。元も子もありません!

 

大切なのは肌を極力こすらない

でもスキンケアはしなくちゃならないのに…そう思いますよね。確かにスキンケアは必要です。ですが、何事もやりすぎはNGだということ。

クレンジングもそっとお肌で包み込むようにするだけにしましょう。そして、洗顔も泡をのせてそっとなでる程度でOK。
化粧水などのスキンケアも、そっと手のひらで包み込むように、極力こすらない事を意識しましょう。

何気ないことかもしれませんが、実は美白のスキンケアラインを使うよりも、よっぽど効果的だったりもします。
ぜひスキンケアの際には、意識してみてください!

洗顔 肌を擦らない

-敏感肌, 日焼けケア, 皮脂, 美白

Copyright© 美白化粧品 ランキング決定版!人気美白化粧品の効果をスゴイ比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.