春の肌ストレス、乗り切りたいなら冬の間に徹底スキンケア!

投稿日:

冬から春にかけての季節が変わる時期、お肌の状態が冬より悪くなることありませんか?

若い頃は冬さえ終わればお肌の状態が持ち直したものですが、私も最近では春の方がカサカサと乾燥が酷く、小じわが気になったり普段はできない吹き出物が出てきたり…と花粉症でもないのにマスクがずーっと手放せません。

それは、加齢とともに冬のダメージを蓄積しやすく、回復も遅くなるため春の肌ストレスを受けやすくなってしまうから。

冬の間に出来ることからしっかり初めて、実は怖~い春の肌ストレスに負けないピカピカ肌を作りましょう。

1.実は怖い春の肌ストレスって?

美容業界の方が警鐘を鳴らす、冬の乾燥より怖い春の肌ストレスって、どんなものがあるのでしょうか。

 

肌ストレス1.思っているより強い紫外線

春は紫外線がかなり強いという事はかなり知れ渡ってきましたが、肌が乾燥していると紫外線の影響もより強く出てしまいます。

特に、4月と5月は夏並みに紫外線が強くなるので、それまでに肌状態を少しでも良くしておきたいですね!

思っているより強い紫外線

 

肌ストレス2.気温の寒暖差が高い

肌ストレスとは関係ないように思えますが、肌にゆらぎが出やすくなり、体調を崩しやすい時期特有の肌荒れ(吹き出物やくすみ)を起こしやすいのです。

 

肌ストレス3.花粉などの大気の汚れ

春に吹いてくる大陸からの乾燥した風、そこに含まれる黄砂PM2.5、さらに花粉が加わり、春の大気は肌にとってストレスたっぷり!

マスクでケアしている方も多いでしょうが、防ぎきるのはまず無理と考えましょう。

必死に肌露出を少なくしているのも不格好ですし、肌のストレス耐性を上げておきましょう。

 

2.冬の間に絶対気を付けるべき肌ケア、3つのポイント

お肌が危険にさらされる春の肌ストレス、お分かりいただけたでしょうか?

これからご紹介する、冬の間に気をつける肌ケアは特別手間のかかる事ではありません。

毎日ほんのちょっと気をつけるだけでお肌は確実に変わってきますので、ぜひお試しください。

 

① 水分補給

水分補給

お肌に直接水分を与えているだけでは大人の乾燥対策としては45点。

やはり、内側から水分をたくさん与える必要があります。

水分をしっかり摂ることでお通じも良くなりお肌に与える良い影響は数え切れません。

夏に比べて水分を摂る回数は確実に減ったな~と思っているなら、一回に飲む水分量を減らしてもいいので、こまめに水分補給をしてみてください。

お出かけの時にも、保温マグを携帯して温かいお茶をこまめに摂るようにしましょう。

風邪やインフルエンザなどの防疫対策としても、15分に1回喉を潤すと効果的というお医者様は多いですよ。

 

② 保湿した後は油分でお肌に蓋をする

あなたはスキンケアをしっとりタイプにしただけで満足していませんか?

化粧水や乳液をしっとりタイプにすると乳液に含まれる油分は多くなるのですが、エアコンによる暖房が効いた部屋で生活するなら、スキンケアの最後には油分の多いクリームを使用して肌に与えた水分が逃げないように蓋をしておきたいですね。

あまりスキンケアにお金をかけたくないなら、ワセリンや馬油を薬局で買うのもいいでしょう。

少しベタつきがあるので、まずは就寝前のケアに取り入れてみてください。

 

③ 定期的にスペシャルケアを!

オトナの女性にとって、日ごろのスキンケアは『大切だと思っているけれど時間をかけられない事』ランキングで常に上位にあります。

大人になると仕事や付き合い、家事に育児、さらには介護まで加わることも…

自分のことを後回しにしてしまうのは仕方ないのですが、定期的にお肌のスペシャルケアをしてあげましょう。

 

スペシャルケアといっても、エステに行ったり高額なスキンケアグッズを購入したりする必要はありません。

大事なのは『古い角質をオフし、しっかり水分を与えて栄養を補い、確実に蓋をする』という事!

コットンパック

洗顔後、クレイパックやピーリングをしたら化粧水を掌全体でお肌にプッシュ。

しっかり染み渡らせたと思ってから、さらにコットンパックを3分程しましょう。

(あまり長い時間置いておくとコットンが乾燥してしまうこともあるので気を付けてください)

商品により順序は変わりますが、乳液や美容液で栄養をしっかり与えたら、最後にクリームで蓋をします。

目安は一週間に一回。自分のために15分もあれば終わるスペシャルケアを施しましょう。

 

3.冬の間にやってしまいがちなダメケア

逆に、冬の間に陥りやす肌トラブルの元になる行動を知っておきましょう。

 

ダメケア1.マスクに頼りすぎる

冬の間にやってしまいがちなダメケア1

マスクをしていると紫外線や乾燥から守られている気になりますが、目元は露出しています。

さらに、アゴや鼻はマスクに擦れて刺激を受けるので毛穴が目立つようになったり吹き出物が出てきたりと悪影響も出てきます。

 

ダメケア2.スキンケアをケチる

冬になる前には急いで保湿効果の高いスキンケアを購入するのですが、それが春先に無くなってしまうと、『次に買っても使い切る前に温かくなるな』なんて考えが出てきて、使いかけの春夏用スキンケアにチェンジしたりしていませんか?

保湿効果の高いスキンケアは高額になりがちなので、使い切らずに置いておくのは何だかもったいない気になるかもしれませんが、化粧品は開封後も一年間は品質が担保できるように製造されています。

秋冬用のスキンケアも必要な時期いっぱいまで使って残った分は次のシーズンまで置いておきましょうね。

 

4.免疫力を上げる食べ物で春の肌荒れを防ごう

春の肌ストレスへ耐性を付けて、肌荒れを防ごうと思ったら、免疫力を上げておくことも大事です。

免疫力がアップすると、肌ゆらぎや大気汚染から体や肌を守ることができます。

 

となるのは、良質なたんぱく質とバリア機能を高めるビタミンAやβカロテなどです。

簡単に、そして美味しく摂取するには、寒い冬の味方である鍋にしてしまうのが良いですね。

肉や魚、豆腐でタンパク質を摂り、ニンジンを入れて彩り良くしてβカロテンも摂りましょう!

箸休めとしてモズクやめかぶ等を用意しておくと、手間がいらずにヌルヌルのムコ多糖類が補えますね。

冬の間にしっかり栄養を摂って、春の肌ストレスに負けない肌状態を手に入れましょう!

免疫力を上げる食べ物で春の肌荒れを防ごう