スキンケア 日焼けケア 美白

夏の疲れを持ち越さない!夏の徹底スキンケアのポイント!

投稿日:7月 12, 2017 更新日:

太陽

ギラギラと照りつける太陽と共に降り注ぐ紫外線、冷房から送られてくるキンキンに冷えた冷気、大量にかく汗。

夏は肌に悪い影響を与えるものがたくさんあるため、夏の終わりには肌にたくさんの疲労が溜まってしまいます。

夏のスキンケアは、紫外線対策はもちろん、疲れを次の季節に持ち越さないことが課題になります。

そこで、今回は疲れを残さない夏のスキンケアのポイントをご紹介します!

ポイント1. 夏のスキンケアの基本は紫外線対策と乾燥対策

夏は一年で最も紫外線量が多くなる季節。そして、最も肌が乾燥しやすい季節です。

「紫外線はわかるけど、夏に乾燥しやすいのはなぜ?」と疑問に思う方は少なくないと思います。

日本の夏は、湿度が高いため、肌の乾燥がわかりにくいのです。

一見潤っているように思っても、肌内部では乾燥が進んでいることがあります。

乾燥の原因は、紫外線、冷房、汗。

紫外線対策に合わせて、保湿ケアを重点的に行わないと、夏以降は肌のカサつきが目立つようになってしまうかもしれません。

 

夏の効果的な紫外線対策

フェイスパウダー

外出時に日焼け止めを塗るのは当然ですが、ベースメイク後にフェイスパウダーをのせることで、紫外線予防効果がアップします。

フェイスパウダーの粉を肌にのせると、紫外線が反射して肌に直接届かないようにガードしてくれるのです。

 

夏の乾燥対策

スプレー式化粧水

冷房の強いオフィス、店内で長く過ごす時に活躍するのが、スプレー式化粧水フェイシャルオイル

冷気や汗が乾いて乾燥しやすくなった肌に、化粧水を軽く吹きかけてなじませた後に、オイルをほんの少しだけ肌につけます。

紫外線や乾燥で硬くなりやすい角質に水分と油分を与えて、潤いをキープできます。

 

保湿成分配合の基礎化粧品を使う

乾燥しやすい夏の間は、保湿成分が配合された化粧品でスキンケアしましょう。

保湿成分とは、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどです。

この四つの成分は、人間の体内にも存在しています。

特に、セラミドヒアルロン酸は肌の潤いをキープする作用が強いと言われています。

化粧水、乳液、クリームなどの基礎化粧品を購入するときは、保湿成分が配合されているかどうかを成分表示を見てチェックしてみましょう。

 

ポイント2. 血流を良くして肌のターンオーバーを整える

かき氷

冷たいものをたくさん摂取しがちな夏。

体の表面では暑さを感じていても、冷たいものを摂取し続けると内臓の冷えが進んでしまいます。

内臓が冷えると、血行が悪くなり、肌をはじめ体の各部位に栄養が行き渡りにくくなってしまいます。

つまり、代謝が落ちてしまうのです。

代謝が落ちると、肌表面にトラブルが起こりやすくなり、ターンオーバーが遅れてしまいます。

 

肌のターンオーバーを整えるため、そして内臓の冷えを改善するためには入浴が一番

暑いとシャワーだけで済ませたくなりますが、38度程度のお湯で半身浴をするくらいなら、暑くても比較的入浴しやすくなります。

血流を良くするためには、10分〜20分とできるだけ長くお湯に浸かってください。

入浴することで、血流や冷えが改善される以外に、老廃物を排出して疲労を取り除く効果も期待できます。

柑橘系の香りのする入浴剤を入れると、リフレッシュ効果も高まりますよ!

 

ポイント3. 美白有効成分配合コスメで紫外線ダメージの表面化を防ぐ

夏に受けた紫外線ダメージはすぐ肌に現れるというわけではありません。

少しずつ蓄積された紫外線時間とともにシミしわなどになって表面化するのです。

特にシミは一度色素沈着してしまうと厄介。

ダメージを表面化させないために、厚生労働省が認定した美白有効成分が配合されたコスメを使用しましょう。

美白有効成分は、大きく分けて二つのタイプがあります。

  • シミを予防する成分(メラニンの生成を抑える)
    アルブチン、コウジ酸、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、ビタミンC、プラセンタエキス、カモミラETなど
  • シミを薄くする効果が期待できる成分
    ビタミンC誘導体

以上の美白有効成分のいずれかが配合されているコスメを日常的に使い、さらに週に一度は美白美容液がたっぷり含まれたシートマスクでパックを。

シートマスクでパック

 

ポイント4. 夏のゴワつき肌を防ぐ蒸しタオル美容法

肌には、強い紫外線をブロックするために角質を分厚くする働きがあります。

角質が分厚くなると肌が丈夫になる、というわけではありません。

分厚くなった角質により、水分や美容成分が浸透しにくくなったり、手触りがゴワゴワするようになってしまうのです。

は紫外線量が多いため、角質が分厚くなりやすくなります。

 

そこで、便利なのが蒸しタオル美容法

蒸しタオルで肌を温めてから洗顔したり、オイルをなじませることで角質を柔らかくして、化粧品の浸透率をアップさせることができます。

蒸しタオルの使い方

濡らして固く絞ったタオルを電子レンジで30秒ほど温めます。

あとは、洗顔前や化粧水、オイルなど化粧品を塗った顔にタオルを2、3分当てればオーケーです。

硬くなった角質も柔らかくなり、使い続けることでふっくらとした手触りの肌になるはず。

週に二、三回の頻度で行いましょう。

 

5. まとめ

徹底スキンケアで夏の肌をしっかり癒して♪

基本の紫外線対策だけではなく、乾燥対策や血流を良くする入浴習慣など、様々な方法を合わせて行うことが大切です。

毎日の丁寧なケアが、夏の終わりの肌の状態を決めます

疲れが溜まりやすい夏は、いつも以上に丁寧なスキンケアで肌を優しく癒してくださいね。

徹底スキンケア

-スキンケア, 日焼けケア, 美白

Copyright© 美白化粧品 ランキング決定版!人気美白化粧品の効果をスゴイ比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.