日焼けケア 美白

うっかり日焼けしちゃったらすぐに応急処置!早く元の肌に戻る対処方法とは

投稿日:

日頃は日焼け止めを塗り、日傘をさすなどのUV対策を行っているのに、うっかり日焼け!運動会や海水浴、野外イベントなどで長時間、紫外線を浴びていると日焼けしちゃうこともありますよね。

日焼けしてしまったら黒くなってしまうの?シミが…と考える前に応急処置を急ぐのがベスト!早く対処して美肌を取り戻しましょう!

 

日焼けをした肌の状態とは?

紫外線
レジャーなどで強烈な紫外線を受けたとき、顔が赤みを帯びていたり、ほてりを感じ、熱を持っていたりしますよね。

紫外線ダメージを受けた直後の肌ヤケドをした後のような炎症を起こしている状態です。ヒリヒリと痛い、などというときはとても敏感になっています。

まずこのときに早い対処が必要です。

そして何日かすると黒く変わっていきます。コレは肌の表皮が紫外線をシャットアウトしようとメラニン色素を作り出すからです。

これが黒くなる原因であり、シミやシワなどの肌老化へと繋がっていきます。

日焼け後の肌は、ヤケドの処置と同じと考え、少しでも早い対処がベストなのです。

 

日焼け後の洗顔はやさしく!

日焼けしちゃった!と家に帰ってまずは、メイクを落としたり洗顔をしなくてはいけません。
ですが日焼け後の肌はとってもデリケート。メイクをしているのであればやさしく落とさなければいけません。

普段はスクラブ入りの洗顔料を使っていても日焼け後は使用を控えましょう。
たっぷりの泡でやさしく顔を包み込むような優しいクレンジングや洗顔料肌の摩擦は最小限にすることが大事です。

日焼け後の肌は敏感になっていますのでいつも使っているクレンジングでもヒリヒリしてきたらすぐに洗い流しましょう。

洗顔

 

そして冷やす!保湿パックも効果的

赤く火照った肌をやさしく冷やすことが先決です。

まさにヤケドのときもまずは水に当てて患部を冷やすことから始めますよね。

冷たく冷やしたおしぼりを顔に広げて短時間置いたあと、保冷剤を柔らかなハンカチなどに包み患部を冷やします。
長い時間、濡れタオルをつけたままにするのはNGです。

そして患部の炎症が少しおさまったら、肌に水分を与え保護してあげることです。保湿効果の高いシートパックをするのもオススメです。

シートパックも乾くまで乗せているのはNG。乾くときにお肌の水分まで一緒に持っていかれてしまうので逆効果です。

そして最後は刺激の少ないクリームやワセリンなどで肌を保護してあげましょう。

 

内側からビタミンCをたっぷり摂取しよう!

ビタミンCは日焼けした肌にとても効果的です。ビタミンCの食材やサプリメントを食べることで効果が高まります。

主な効果としては、

  • メラニンの生成を抑制することで、シミの予防、できてしまったシミも薄くしてくれます。
  • コラーゲンを生成することで、ハリや弾力を取り戻します。
  • 抗酸化作用が働き、日焼けにより増えてしまった活性酸素を抑制、シミ、シワの原因にアプローチします。

 

ビタミンCの多いフルーツと摂取の注意点

ビタミンC

ビタミンCは水溶性のビタミンなので、一度にたくさん摂取してもすぐに排出されてしまいます。1日数回に分けて摂取することが重要です。

成人の1日のビタミンC摂取量の目安は100mgと厚生労働省が定めていますから、日焼け後は多めの300~500ml程度を数回に分けて摂取すると効果的です。

手軽にデザートなどからビタミンCを摂ろうと思ったら、キウイレモンイチゴなどがいいですね。
フルーツで食べるのは難しいですが、アセロラには100gあたり1700mlのビタミンCが入っていますからジュースなどで飲むのも良いでしょう。

フルーツなどで摂取する場合は生のままが効果的です。さらに食後の方が体内に取り込まれやすいと言われています。

 

食べる日焼け止め?!ミニトマトのリコピン

ビタミンCとともに抗酸化作用の強いリコピンを含むトマトもたっぷり食べましょう。

リコピンは皮の部分に多く含まれるのでミニトマトが効果的です。食べる日焼け止めといわれるほどです。
紫外線の強い季節は毎日食べるといいですね。外出中などはトマトジュースでもトマトのリコピンは手軽に摂取できますよ!

トマト

 

赤みが収まったらビタミンC 誘導体入りの美容液などで美白ケアを

日焼け後の応急処置後、肌の赤みやほてりが収まったら本格的な美白ケアをしましょう。

ビタミンC誘導体入りの化粧水や美容液で肌に栄養を与え、回復力を早めてあげましょう。
お肌はターンオーバーを繰り返して再生していきますから、このターンオーバーを促進してあげれば日焼けしたお肌も生まれ変わります!

ターンオーバー周期は28日といわれていますが、これは20歳前後の場合。

年齢を重ねるごとにその周期は長くなり、30~40代になると45日ぐらいかかってしまうのです。さらには肌トラブルが加わるとより長引くこともあります。

うっかり日焼けをしてしまったときの応急処置は早めに行うのは大切ですが、うっかり日焼けをしないようUV対策をしっかりすることを忘れずに!

UV対策

-日焼けケア, 美白

Copyright© 美白化粧品 ランキング決定版!人気美白化粧品の効果をスゴイ比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.