APPS パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na 高濃度の化粧水と純度100%パウダーで作る化粧水

投稿日:3月 4, 2019 更新日:



🍋 APPS パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na ビタミンC誘導体としての評価 作りたて ★★★★☆ 作り置き ★☆☆☆☆


[APPS または アプレシエ または パルミチン酸アスコルビン酸3Naと同じ]
効果:チロシナーゼ抑制効果、コラーゲン形成促進効果、皮脂分泌の抑制効果

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)は水溶性、油溶性の両方の性質を持つ新型の両親媒性ビタミンC誘導体で、従来のビタミンC誘導体の100倍の浸透力を有すると公表されている。

2000年にパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)は開発され、現在もヒットを続けている。

浸透率の高さ以外にも、刺激や乾燥がほとんどない、従来のビタミンC誘導体のデメリットのない画期的なビタミンC誘導体。

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)のデメリットは、ビタミンC誘導体の中で、最も不安定な物質で酸化速度がとても早い。

そのため、作り置きが難しく、作ったその場で使用するのが理想的。

高濃度で配合するとさらに不安定になり酸化速度を早めてしまうので高濃度の配合はできない。

😻パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naを配合している美白化粧品

トゥヴェール クリスタルパウダー 公式サイトトゥヴェール クリスタルパウダー 公式サイト
トゥヴェール クリスタルパウダーは、100% APPSパウダー(原液)です。クリスタルパウダーは自分で作る基礎化粧品で、APPSのパウダーと水を混ぜて使用します。

APPSの配合濃度を自分で調整できるのと、APPSの酸化速度がとても早いという特徴がありますが、使うときに作ることで最高の状態のAPPSを使用できます。

トゥヴェール クリスタルパウダーには、化粧水作成キット(化粧水作成ボトル 1本 + 計量スプーン大 1本 + 計量カップ(10mL)1個 + しっとり補充液 1袋)が付属されているので、簡単にAPPSの配合濃度を自分で調整した化粧水を作成できます。

トゥヴェール クリスタルエッセンス 公式サイトトゥヴェール クリスタルエッセンス 公式サイト
高濃度APPS*5配合+4兆4千億個のVCH-100(APPS)ナノカプセル配合。

本当に必要なお肌のポイントで長時間留まりしっかりケアする年齢肌対策美容液の決定版。

シーラボ スーパーホワイト377VC (ci-labo-super-white-377vc)シーラボ スーパーホワイト377VC

シーラボ スーパーホワイト377VCは、ハイドロキノンの2100倍、アルブチンの7000倍、コウジ酸、アスコルビン酸の2400倍のチロシナーゼ抑制効果がある、W377(symwhite377)を配合した美白美容液ですが、ビタミンC誘導体の中で最も優れたAPPS(アプレシエ 別名 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)も配合しています。

W377(symwhite377)のチロシナーゼ抑制効果は美白成分中 最高です。ただし、チロシナーゼ抑制効果ですので、これから出来るであろう老人性色素斑の色素沈着を抑制、炎症性色素沈着の色素沈着を抑制効果は最高なのですが、現在、出来てしまっている老人性色素斑、炎症性色素沈着を薄くする作用は不明です。

シーラボ スーパーホワイト377VCの強みは、APPS(アプレシエ 別名 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)を配合することで、老人性色素斑、炎症性色素沈着を薄くする効果をおぎなっているところです。

         VC100エッセンスローションEX(vc100essence-lotion-ex)      シーラボ VC100エッセンスローションEX

APPS(アプレシエ 別名 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)を配合したVC100エッセンスローションEXの、APPS配合率は不明です。

ビタミンC誘導体の中でも最も酸化速度が早いAPPSをどのようにして配合して酸化を防いでいるかは公表されていません。

推測ですが、APPSの配合率はかなり低く1%以下ではないかと推測します。

APPSは非常に優れたビタミンC誘導体ですが、1%以下の配合率では他のビタミンC誘導体を配合した方が優れています。

 

Copyright (C) 2017~2019年 美白化粧品ランキング|人気おすすめ美白化粧品を実際使った本音
All Rights Reserved. APPS パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na 高濃度の化粧水と純度100%パウダーで作る化粧水 Update 2019年5月21日